現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

女性パワーに圧倒:創志会と語ろうin駒ヶ根を開催

  21komagane_P1010885.jpg 24日 「創志会と語ろうin駒ヶ根」が午後2時から、終了時間を30分オーバーし4時まで開催された。今日は今までと違った趣向で、女性部「花の会」元気UP集会と銘うって、女性の皆さんが約200人余が参加してくれた。県花「信濃の国」を全員での合唱から始まった。駒ヶ根市にある18地区ごとに花の名前がついており、花言葉と花療法のポイントが付されている。例えば、私がついたテーブルは、小町屋という地区で花の名前は「なでしこ」、花言葉は「つつましい」、花療法は「精神的疲労が和らぐ」となっている。しかもこのテーブルの皆さんは、自宅にある『なでしこ』や『ひゃくやく』などを摘んできて飾ってあった。

 500円会費でテーブルの上は決して豪華とはいえない質素であったが、会の中身は非常に内容の濃い素晴らしい集いであった。女性部の代表の挨拶の中で触れておられたが、佐々木議員が常に「明るく・楽しく・元気よく」といっているように、まさにそのように明るく楽しい会の雰囲気の中で、自然に元気を共有させていただいた。もちろん、佐々木議員からの県政報告のあと各テーブルに移り、花の会の皆さんと忌憚のない懇談ができた。多くの貴重な意見を是非今後の県政に反映できるよう努めなければと意を新たにした集いであった。

次回は7月11日(土)、金子ゆかり議員の諏訪で行われる予定である。諏訪地区の皆さんに大勢参加いただきたいものである。