現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

消防団の水防訓練に感謝


 30日 南佐久消防協会主催の水防訓練が開催された。この時期は総合訓練や連日にわたるポンプ操法・ラッパ吹奏の訓練など続き、ご苦労なことと感謝を申し上げたい。私もかつて、水防訓練に参加し実技講習を受けたことがあるが、改めて訓練の現状を目の当たりに見て、大変さを痛感したところである。本日のように技術向上に練磨を重ねられることによって、地域住民の生活の安全と身体財産を守ることにつながるものである。それぞれの仕事や自分用を投げ打って活動される消防団員に感謝仕切りである。

 消防団員の減少が続く現在、もしこの組織がなくなればと考えると、恐怖感すら覚えるものである。団員を送り出す企業等の優遇策も講じているところであるが、零細企業の経営者や自営業者、農家の皆さんなど、もっと優遇措置を図ることも必要ではないだろうか。もちろん、団員の皆さんは消防精神に基づき「使命感」を持って活動されていることと思うが・・・。