現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

緩和ケアの大切さを学ぶ::ガン征圧議連::

活動報告 
 22日 今日は議案調査のための休会日である。午前中は議案調査や一般質問の準備等で、瞬く間に時間が過ぎてしまった。午後は議員野球クラブの総会に引き続いて、県議会がん征圧議員連盟による現地調査が行われた。国による「がん対策」の見直しが行われ新指針に向けて、本県でも長野県がん対策推進計画を策定することとなった。そのために、議連では「がん」をめぐる現状と課題について、各地域(圏域)ごとに調査や各関係者と意見交換をし、知事に議連としてまとめた結果を9月に提言することとなった。そのための第1段階として、今日はホスピスケアに取組み、全国的にも先進を行く小布施町の「新生病院」と、地域がん診療連携拠点病院であり、緩和ケアに取り組む「長野市民病院」の現地調査を行った。

 新生病院では、がんという病気を知った上で、残された大切な時間を共に過す事ができるようにサポートする医療とケアを行っている。また、はっきりした死生観を持ち、死に対する恐怖はなく「今は待合室にいる気分」と割り切り、旅たちへの準備を自ら着々と進める患者さんと家族に対し、最後まで時間を共有できる「残された時間を有意義に過せるように症状をとるホスピス緩和ケア」を実践している。

 一方、長野市民病院は余命に関わらず重篤な疾病に罹患している患者に対し、積極的に治療を継続することによって緩和ケアを行っている。病院では日本においても誇れる「がん診療に携る有資格者」や、高度医療に対応できる各種医療機器を保有し、様々な治療技術を駆使し、緩和ケアを総合的にフォローを行っている。いずれの病院もがん患者と家族の苦痛の軽減、療養生活の質の向上や、病棟内外の環境の整備など積極的に行っていた。それらの医療姿勢に感動を受けたのは私だけではないと思う。改めてがんの緩和ケアの大切さを学んだ。

* 明日(23日)から一般質問が行われます。今定例会では33人の議員が質問に立ち、私は3日目の25日(木)のトップに質問することになりました。大勢の皆さんの傍聴をお待ちしています。