現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事一覧ページ

活動報告 

 19日から21日まで農政林務委員会の中南信地区の現地調査が行われた。幸い天気に恵まれ3日間超過密の日程を無事こなすことができた。


19日 上伊那地区現地調査 上伊那地方事務所において、管内の概況説明を受けたあと、国庫補助金と県費補助金を活用して今年の3月に竣工した「JA上伊那箕輪果樹選果場」の現地調査を行った。この選果場は光センサー方式による糖度・熟度・蜜入り等の内部品質を重視し、最新選果システムによる作業の省力化などを図っている。
 一方、南箕輪村の「伊藤牧場」では、施設や規模の拡大でなく現状の施設・頭数で収量をあげるとして、多額の金額を掛けないで新技術導入など、地域の先駆的な酪農経営を目指していた。営農品目が異なるとは言え両極端の農業の姿を見ることができた。

 20日 下伊那地区現地調査 管内の概況説明のあと、飯田の伊賀良伊(いがらい)地区他の県営かんがい排水事業の調査を実施した。生物環境等に配慮した用水路や頭首工は見事であった。上久堅地区の鳥獣被害防護柵は、信大農学部の教授に指導を受け、有害鳥獣が地区外から侵入するのを防ぐために柵を設置し、地区内を含め個体数の調整を図っていた。喬木村氏乗区では里山集約化事業の実施状況を調査した。森林税を活用し森林所有者の任意団体「氏乗里山整備組合」を設立し、里山整備と同時に耕作放棄地の整備を行い成果を挙げていた。

 Iターン新規就農の「小関りんご農園」の小関隆太さんは、ホームページで長野県の里親制度を知り、里親農家の日下部さんに指導を受け、90アールのりんごと10アールのぶどうを栽培し、ほとんどをホームページを利用して直売をしていた。しかし、ようやく経営が軌道に乗り始めた矢先、ひょう害を受け肩を落とされていた。それでも、自らの体験を活かしながら県に対しても、里親制度のホームページが更新されていないなどと、情報発信の充実を図るべきだと指摘されるなど、前向きにこの難局を乗り切る姿は感動した。

 21日 松本地区現地調査 国営の中信二期土地改良事業として行われた、「農業水利事業」を調査した。大正13年におきた大干ばつを契機に事業が始まり、土砂の堆積や頭首工の老朽化に伴い、併せて土地利用形態の変化による水需要が集中することなどに対応するために実施されたという。新梓川頭首工の新設により、今では塩尻・朝日村・山形村・安曇野地区まで広範囲の畑地地帯に導水が行われている。
 

 松本市の中山霊園に隣接した瀬黒山森林整備地においても、地域住民が協議会を設立し集約化事業として整備されていた。松くい虫の被害地域であったため、搬出間伐を中心に行い、残材については大型チッパーを活用し、現地破砕処理も試みている。これらの処理により松くい虫被害対策と同時に、健全なアカマツ林の造成が図られていた。

 まとめ 3日間の現地調査で改めて農業・林業の現場では、当然のこととは言えどのような困難にあっても負けないで、非常に熱心に取り組んでおられた。しかも、事業が成功している地域には必ず飛びぬけたリーダーがいるということである。熱心なリーダーの仲間づくりにより地域全体が生まれ変わろうとしている。行政はこのような現実を直視し、もっと支援をしていくべきである、と痛切に感じた現地調査であった。

 また、それぞれの地域から農林業振興に対する要望を受けた。末端自治体や広域連合としての要望はよく理解出きる。どこまで県として支援ができるか、一層の調査研究を重ね理事者側と協議を重ねていきたいものである。

|

活動報告
 17日 私にとっては、慌しく落ち着かない新盆の3日間、ご先祖様をお送りしほっとした前夜を過した。本日は恒例となった南佐久町村会主催による「佐久地域問題研修会」が南相木村で開催され出席した。この時期、南佐久の町村長、議会議員、職員に加え北佐久町村会からも理事者や議会議員も参加され実施している。それぞれの町村の事情は異なるが、常に地域の課題を共有しあい、地域の共通した課題の解決に向けて努力されていることに敬意を表したい。

 本年は全国町村議会議長会事務総長の高田恒(ひさし)氏を招いて、「町村を取り巻く諸課題について」講演を中心に研修が行われた。折りしも18日から衆議院議員の総選挙の公示を前にして、これからの町村はどうなるのか、町村の財政は大丈夫かなど、先行き不透明な現況の中で時宜を得た研修であったと思う。平成の市町村合併において、南佐久地域も大きな変化はなかっただけに、小規模町村の行政運営のあり方など、真剣に聴講されていた姿は印象に残った。ともに地域の発展というより生き残りのためにも、ともに手を携えて努力しなければと感じた一日であった。

|

活動報告 
 10日 群馬県上野村において、国道299号道路整備促進期成同盟会の平成21年度定期総会名が開催された。この期成同盟会は埼玉県、群馬県、長野県の3県の関係市町村によって構成されている。国道299号の整備促進を始めて40年になる。それぞれの整備進捗率は埼玉県で92%、群馬県が50%、長野県が74%と整備は進んでいるほうである。しかし、進んでいる地域はほとんど市街地を含むいわゆる平坦部が中心となっている。残されている箇所は市街地で用地取得が難航している箇所(群馬県)を除けば、お互いの県境である峠が未改良区間となっている。

 私がまだ中学生の頃、時の先生が、まだ国道に昇格していなかった群馬県との峠(十石峠)を越える道路が改良されれば、都心(池袋)への道路としては最短距離である、と話してくれたことがまだ記憶に残っている。この十国峠をトンネルによって整備ができれば、お互いの生活経済が大きく変わることにもなる。確かに現在の通行量を調査すれば極端に少ない結果である。当然であろう、狭隘で危険な道路では利用しようとする人は限られてくるからである。将来の見通しは計りにくい面は理解できるが、一時予算も順調につけられ整備が進んでいただけに、現在の状況にはむしろ理解しにくいものである。

 「道路はムダだ」という、そもそもの考え方に異論を呈したい。今まで道路を新設したり整備改良をしてきた地域は、圧倒的に都会地である。その整備費を負担して自分たちの整備を待っていた地方の心情をどのように考えているのだろうか。道路の整備は行き届いた、無駄な道路は造るべきでない、という余りにも勝手な言い分は許されない。ムダかムダでないかは地域の人とその道路を使用しようとする物流関係者、行政の地域づくりを進める当事者の意向や判断も重視するべきであろう。

 確かに全国的には中途半端なで政治的無駄な道路もあることは事実である。それらの反省に立ち地域の実情を見極め、国における道路行政を推進していただきたいものである。この夏の総選挙は地方にとっても重要な意味を持つものである。期成同盟会の皆さんのご努力を目の当たりにし、私たちのできることは限られているが思いを新たにした会であった。

|

活動報告 

 7日 議員会館到着時は午前11時ごろ、車から降りた瞬間、ようやく真夏になったと思える暑さが待っていた。それよりも、せみが大合唱で私を迎えてくれたことは嬉しかった。確か、この夏こんな歓迎を受けたせみの鳴き声は初めてであった。会議が終わり帰宅しようとしたら、途端に雨となっていた。県庁の管内放送でも県内北部地方など、大雨警報や注意報が出ていることを放送していた。晴天が続かないこの頃、ますます冷夏による農作物の被害が心配される。

 本日は第2回歯科保健推進条例(仮称)制定検討調査会が開催された。今日は調査会のメンバーになっている理事者側から、本県における歯科保健に関する現状及び取り組みについて、衛生部・健康づくり支援課、社会部・長寿福祉課、教育委員会・保健厚生課のそれぞれ課長から説明を受けた。また、生涯福祉課、こども・家庭福祉課の課長もメンバーの一員として出席を得て議論に参加していただいた。議会事務局の担当からは他の都道府県の条例制定状況について説明があった。

 質疑も議員側の委員から活発にだされ、説明した理事者側委員から答弁を得る形で会が進められた。本日の調査会は質問によって結論を出させるものでなく、取組みと姿勢の現状がどうであるか知ることが主眼でもある。各課とも熱心に多彩に取り組まれているが、歯の健康が長寿県である県民の健康にどう関連があり、どう結び付けるべきか。そのために幼・児童・生徒の段階でどのような保健予防するべきか。8020運動の目的達成のために、高齢者に対する歯科保健対策だけでよいのか。障害者などの歯科のケアはどうするべきか。まだまだ検討課題は多いと感じた。

 まだ早計ではあるが、この調査会を発足させた意味合いは大きいし、責任ある調査活動が一層求められ、責任ある判断をしていかなければならないと感じた。いづれにしても、理事者側を含め全会派からの委員で課題を共有しながら活動し、お互いに議論を深めていくことは意義深いものがある。恐らく他県ではこのような条例制定に向けた検討調査会の進め方はないと思う。それだけに、お互いに張り合うでなく、活発な議論展開しながら理解を深めていくことも大切であろう。これからの調査活動が楽しみである。

 

 

|

活動報告
 5日 「ボイス81」佐久地域会議が、初めて佐久地法事務所を離れ、御代田町複合文化施設エコールみよたで開催された。地元県議会議員としてオブザーバー出席をした。今回は最初から各市町村の陳情合戦でなく、主な取組みなど事例を発表し、それらに関係したり、市町村の課題について提案要望があった。試みとしては良かったが現地機関等の要望などの答弁は、もう少し工夫が必要ではなかったかと感じ取れた。

 各市町村とも財源が乏しい中ではあるが、市町村の特長を活かした取組みが見られ、努力されている姿には頭が下がる思いである。佐久管内の市町村の11市町村長全員が出席され熱弁されていた。そのうち半数以上の6町村が南佐久であるだけに、私も緊張しながら提案要望を聞いていた。確かに県だけで全て要望どおり支援はできかねるとは思うが、もっと積極的に支援できたらと思う事案もある。これから議論を重ねながら少しでも市町村にお手伝いできるよう努力していくつもりである。

 また、要望の中で特に道路問題など、村井知事も答弁に苦しみ言葉を選んでいたが、今回の総選挙の結果によっては大なり小なり、末端市町村や県民生活に影響が出る可能性を秘めている。都会だけを見た論理でなく、辺鄙で車がなければ生活ができない県下の実情を理解され、そのうえで行動が伴う人が国政で活躍できる場を与えるべきだと思うがいかがだろうか。

|

活動報告

 3日 暑中お見舞い申し上げます
「としみつタイムズ」読者の皆さん、長い間ブログの更新をしないで大変失礼いたしました。7月7日母が天寿を全うし永眠いたしました。葬儀の際には大勢の皆さんにご弔意賜りありがとうございました。決して母の死に関係ないのですが、7月の天気と同様に私にとりましても心が優れない毎日でした。この間、皆さんにご報告しなければならない活動等がありましたが、タイミングを逸した今となり、ただただ失礼をお許し願いたいと思います。一部創志会の仲間がブログに掲載してありますのでご参考にしてください。(保科俶教県議・佐々木祥二県議)
8月に入り、本日の天気のように(今のところ)晴々し気持ちで、今まで以上に時宜を得た報告をしてまいりたいと思いますので、髙見澤敏光のホームページに訪れてください。

|