現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

2日目の一般質問には金子・福島議員が質問

県議会報告 

 30日 一般質問2日目、創志会からは金子ゆかり議員、福島鶴子議員が一般質問をした。金子議員は8月に諏訪地方におきた豪雨災害を中心に県の基本的な考え方、計上された補正予算等について質問した。諏訪地域として過去に記録のない時間雨量100ミリを超える雨(ゲリラ豪雨)が降ったが、今後の県としての対応をはじめ、堰堤の効果、森林と災害の関係、災害時の看護体制などきめ細かに質問された。その後、知事に新政権のマニフェストでは、無駄な公共工事の見直しとしているが、公共工事の「ムダ」とはどのようなものと考えるか。また、災害対策や減災対策は政権が変わっても変わることがない政府の重要な役割だ。今回の災害においても国の支援を求めたいが、災害を含め公共事業の国の役割と県の関係はと知事の考えを質した。

 知事は、大変難しい問題だとしながらも、一般的には公共の福祉向上のための事業の中止は考えられないことだ。県下の事例を示しながら堰堤によって大災害をふせぐことができた。国土を守る、災害を守ることなどは、いかなる政権においても変わることはない。災害においての手厚い財政支援を講じることは大切である。大きな災害は県だけで対応は無理である。国が過去の経験を活かし対応することは極めて重要だ。前原大臣は(以前の議員活動を通じ)災害防止について深い関心を持たれている。大いに期待している。と応えていた。

 福島鶴子議員は本日の最後に質問に立ち、先に発表された「不登校率ワースト全国1位」の長野県教育について、自らが幼児教育の実践者の立場から、こどもを思う立場においての鋭い質問をし、教育委員長及び教育長の考えを求めた。不登校数の問題より悩む子供をどうするのか、そのために中間教室、フリースクール、不登校支援サポートセンター等との連携は欠かせないがと県教育委員会の考えを質した。教育長は学校以外の施設との連携は重要であるという認識を示した。ワースト全国1位については、重く受け止めている。学校教育の根幹として認識している。更に、学校だけで解決できるものではない。社会全体で(地域全体)受け止めていかなければならない問題だ。早急に実効性のある施策を講じていく。と教育委員長も教育長も同様の認識を示した。

 農業大学校の小諸キャンパスの利活用について、小諸キャンパスの敷地について活用できないとしたら、遊休耕作地となるが農政部としてあるべき姿とは思えないが、と鋭い質問を投げかけた。農政部長は遊休耕作地となる部分はないと応えた。地元の議員としてやや不安げであったが、福島議員は幅広い利活用を求めていた。
福島議員は自らの調査に基づいた質問は、不登校問題、農業大学校問題とも迫力があった。