現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

実りあった視察**馬路村・南国市**

県議会報告 
 22日 県外視察2日目の今日は、馬路村で「ゆず」の加工を中心とした農産物のブランド化、直売所の経営状況等について、南国市では食育に取り組むに至った背景と取り組みについて、また、学校における米飯給食への地元産米利用及び地産地消乃取り組みについて視察した。

 馬路村は馬路村の96%が山林、2%が村のほぼ中央に流れる安田川、1.3%が村の道路、残りの0.7%が平地で住宅・加工施設などとなっていると言う。そんな地形条件の中で「ゆず」は山の斜面や河川敷など少しの場所に栽培されていた。馬路村農業協同組合は単独で生き残りを図り、「ゆず」を馬路村の製品であることを前面に出して、村自体を売る「おらが村方式」により、15年の年月をかけゆずの加工品を作り東京や大阪のデパートなどの催事に出店し、辛抱強く10数年努力した結果今では100人余の従業員を雇用するまでのブランド化に成功し、33億円産業までに成長させた。村おこしは粘り強さが必要だ、それによって全国から情報を寄せてくれると、今では自信が溢れていた。

 南国市では地元の豊富な食材を生かした食生活を通して、食文化として学校給食を考え、単に学校給食を食べるのではなく、与えられた給食から自ら創り上げる給食と位置づけ「食の自立」を図っていた。更に気候風土に思いを寄せて、家庭の雰囲気を学校に持ち込んだと言うだけに、家庭用電気炊飯器を全ての教室に2台づつ設置して、炊き立ての米飯給食を実践している。食材を生産する人、運ぶ人、つくる人など全ての人が「子ども達のために」という心が子ども達に伝わっている。そのために今では食べ残しゼロ、また、遊休放棄地の減少、生産者の意欲向上につながっていると言う。

 それらの地域密着にこだわった「和」の食育を進めていく過程に、「食育のまちづくり宣言」「南国市食育のまちづくり条例」など、市及び市民が一体となって取り組む食育のまちづくりを推進している。説明した教育委員会・農政課の職員は自信もって語っていた。
馬路村も南国市も「やればできる」「やらなければならない」と、真剣に人(住民・子ども達)を考えた発想が事業施策を成功させたと言える。充実した実りある視察ができた。本県における施策に反映できるよう努力していきたい。