現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

給与関係条例案は原案可決

県議会報告 

本日の報告は時系列で報告します。

30日午前8時30分 
 早朝から会派では、人事委員会委員長の不用意発言後の、議会としての取り扱い判断について協議した。既にボールは知事部局に投げられている。そのボールが投げ返していただけなければ議会としての判断はできないが、いろいろの想定をしながらの協議となった。

30日午前9時00分
 会派総会。知事は人事委員会の勧告を尊重して、議会に議案提出された。議会は提案された数値(0.35➡0.70)が国の勧告と大幅に差があるため、その決定までの人事委員会の審査内容がどうであったかを追求した。そこで市村人事委員会委員長は「国、他府県等の(事情をことは)反映ししていないで勧告した」と答弁している。その答弁が、知事に報告した内容と議会での答弁とが食い違っていること。したがって、会派としては原点に戻り、数値の問題でなく、本会議以来の不誠実な独りよがりの判断の答弁が、単純に謝罪で解決できる問題ではない。市村委員長の再答弁を聞いてから次の判断に映るべきとした。

***この間総務企画警察委員会では、各会派の考え方や知事部局との連絡等、調整作業に追われた。***

30日午前11時40分
 総務企画警察委員会の協議会が開催される。市村人事委員会委員長が、知事に辞表を提出し受理された。そのことを総務企画警察委員会に人事委員会事務局長が、辞表の理由を説明し委員会審議を再開することが了承された、との報告があった。

30日午後1時00分
 総務企画警察委員会が再開される。委員会冒頭に人事委員会事務局長から、市村委員長が辞意を表明されたと正式な報告があり、辞意のメッセージ「内容はこちら」を朗読した。辞意内容は決して満足できるものではないが、委員会では最終的にやむを得ず辞意を認め、議案の審査をした結果、この時点においてやむを得ないとの判断で、議案を原案賛成すべきと委員会において採択された。

30日午後3時20分
 議会運営委員会が開催される。

30日午後4時
 本会議が再会される。金子文教企業委員会委員長及び、小池総務企画警察委員会委員長から、委員長報告が行われ討論が行われ、私は創志会を代表して、賛成の立場で討論し、創志会で議論してきた点を明らかにした「討論の内容はこちら」その後採決に入り簡易採決で議案は、原案通り採決された。
時に本会議終了は午後4時15分であった。