現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

「お坊ちゃま総理」から早く抜け出して欲しい

私の意見 

 17日 今日の報道によれば県の来年度予算の概算要求額が発表されている。10%のシーリングをしても昨年の当初予算から見れば多くなっている。当然のことながら現在の県内の経済環境や、県民の要望に応えようとすればそうなるであろうと思う。しかし、国の来年度の方向が全く決まっていない現在、苦労してまとめたこの県概算要求がどのように変化するか分かっていない。県民も該当する関係予算が要求に載っていると言っても素直に喜べないのが実情であろう。

 それにしても、鳩山新政権は何を考えているのだろうか。言葉の揚げ足を取るつもりはないが、鳩山総理が「3ヶ月しか経っていないので勉強させていただきたい」とコメントしている。3ヶ月前に急に【貴方しかいないから、どうしても総理になってください。】と言われて総理になったならまだしも、何年もかけ、しかも、選挙中「日本の将来は私に任せてください」と言い続けてきたはずである。勉強している間はないはずである。20年余の国会議員の経験は何であったのだろうか。

 既に、日本の現状と将来(少なくても政権をとった直後から数年間)の経済環境、国際関係など全て掌握していたはずである。それを承知で国民にマニフェストを掲げ約束してきたのではないか。だからこそ、「勉強する」でなく則、決断して実行していかなければならないはずである。更に、日米間は険悪状況となりつつあるし、国民に約束したマニフェストは守れないで廃止が多くなっている。その挙句、「最後は私がきめる」と言いながら、何もきめられない。

 私は政権が変わったから民主党がいけないとは言わない。自民党も時の総理が続けて政権を放り投げた行為などにより、国民が政権の交代を選んだその結果は当然であったと思う。しかし、国民が日本の将来を託したはずの総理大臣が、自らの考えも(将来構想も)示さず決断もしない状況は、もはや日本国は何を目指していくのかも分からない状態である。そのことを突かれると「勉強させてください」、それはないだろう。

 小沢一郎幹事長の顔をうかがっての政権運営は、国民は決して望んでいない。まさに二重権力構造である。その辺を追求し始めると多くのことを言いたくなり、私自身の意見が収拾できなくなるのでやめるが、国の政治は責任ある政党であればどこの政党が司どっても良い。誰が総理大臣になっても良い。ただし、国民が安心して安全な生活や企業・生産活動ができるため、しっかりリーダーシップをとっていただきたいものである。今、日本の各自治体は来年度に向けて、どのように住民のための自治体運営をしていったらよいか途方にくれている。

 事業仕分けによって財源を掘り起こしたことは、ある程度認めたい。しかし、国が明確な税制・予算を示さない場合、地方自治体は取り敢えず前年並みの予算編成を組まざるを得ない。その後に、あれもこれも事業縮小だ、事業廃止だ、予算カットだとなると、再び大幅な予算の編成作業を行わなければならない。地方全体では国が大々的に行った事業仕分けや、事業の見直しで捻出した約6400億円の財源以上に損失を被ることになる。


 本当に地方を思うのであれば、いい加減で「お坊ちゃま総理」から抜け出していただきたい。最も、毎月1500万円の小遣いを母親から頂いているお坊ちゃまには、私たち庶民の気持ちは分かってもらえないだろう。とは言っても、国民が求めた時の総理大臣に託すしかない。いやぁ~頭が痛くなってきた。