現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

2月定例会:委員会審査2日目

県議会報告

 5日 本日の農政林務委員会は、付託された議案のほか農政部から特別発議として、「長野県食と農業農村振興計画の平成22年度実行計画」、「信州農産物マーケティング戦略プランについて」「夏秋イチゴの生産振興について」など、3年目となる、今年度展開される農業施策について説明があった。いづれも、担い手の減少により農業生産力や集落機能が低下や、消費量の減少等による農産物価格の低迷は、もはや構造的なものであり、本県農業はかつてない深刻な状況であるとの課題認識のもとで、対応されたものとなっている。

 私が代表質問で質問したが、長野県農業の農産物生産額の目標達成、農業所得のアップ、新規就農者の確保などの計画がきめ細やかに作成されている。これらをいかに実態の農業環境に結び付けられるかが求められる。
本日は学校給食・県産農産物利用促進事業で、地域間・地域内における県農産物の需要と供給のマッチングを推進するためのマッチングコーディネーター、などの待遇や役割などの質問があった。