現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

盛会だった「マニフェストスクールin長野

活動報告
 30日 昨日(29日)から本日までの2日間にわたり、マニフェストスクールin長野がメルパルク長野で開催された。遠くは鳥取県・愛知県などを含め県下各地から、100名を越える県会議員及び市町村議員や一般の皆さんが参加された。このスクールは県下の各市町村議員と県議会議員による実行委員会(会長・保科俶教)を結成し、約半年にわたり準備をしてきた。ローカルマニフェスト推進地方議員連盟に早くから加入し、熱心に取り組んできた金子ゆかり県議(創志会)を実戦部隊のリーダーとして、実行委員一人ひとりが何らかの役目を受け持ちスクールの成功に努力してきた。

 初日の29日は早稲田大学大学院教授で、ローカルマニフェスト創設者の北川正恭先生による、「地域主権時代における地方議会の役割:マニフェストと地方分権」と題しての基調講演。法政大学教授の廣瀬克哉先生に「自治基本条例と議会基本条例:二元代表制から見た自治立法権」と題しての講演。元神奈川県議会議長の松田良昭せんせいから「議員提案条例の作り方:県商店街活性化条例案、県がん克服条例の実践」について講演があり、質疑応答のあと、10班に別れグループワークが行われた。それぞれの講師は、自らが議会や地方自治の改革を実践されてきただけに、話の一言一言に重みが感じられた。廣瀬先生は長野県議会基本条例作成にあたって、創志会で法政大学に訪問しご意見を伺ってきた経緯がある。

 2日目の30日は、北海道栗山町の議会事務局長として、全国で初めて「議会基本条例」の制定に指導され、現在早稲田大学マニフェスト研究所客員研究員の中尾治先生における「議会基本条例の役割と実践:なぜ、議会基本条例が必要なのか」の講演。その後グループワークを行い、それぞれのグループから提言発表が行われた。私は「私のマニフェストを作ろう」のグループに入って、グループの皆さんと討議をして提言を発表した。中尾先生の講評と審査の結果、私たちのグループが第2位となった。それぞれの先生から、参加者が熱心に取り組んでいる姿に賛辞の感想が述べられた。

 参加者全員が2日間のスクールに参加し、大きな収穫を得て自身を深めたと思う。それぞれが得た収穫を実践に移したとき、長野県の市町村議会そして県議会も大きく変革し、県民の皆さんが主体の新しい地方自治に生まれ変わるときになると思う。また、変わっていかなければならない。