現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事一覧ページ

活動報告 
 26日 本日は第9回の歯科保健推進条例(仮称)制定検討調査会が開催された。前回まで条例骨子案について各会派から出された意見について、協議を重ねてきた。今日は残された5項目について、骨子案の文言の加除など検討協議された。検討した項目は①骨子案の「県の責務」の中に記載されていた、「歯科専門職員の配置等・・・」は、衛生部(現在の保健福祉部)から配置等の重要性は認識できるが、職員の配置は知事の専権事項であり条例に規定することに検討願いたいとの意見が出ていたものである。調査会では歯科専門職員が配置されてこそ、条例に掲げてある県の責務である「歯科保健計画」を具現化できるものであり規定するべきとしてきたが、条例が制定された場合当然専門職員の配置が二より、計画及び施策がなされるとの理事者側の認識を重視し、知事の専権事項となる文言を削除することとした。

 次に②事業者及び医療保険者の役割の項目では、「事業者は、基本理念にのっとり、県内の事業所で雇用する従業員の歯科に関する健康診断及び保健指導の機会の確保その他の歯及び口腔の健康づくりに関する取組みを推進するよう努めるものとする。」と骨子案では規定されている。成人期に対する歯及び口腔の健康づくりの推進には、事業者等の役割が極めて重要であるとの認識により、規定するべきとの意見が多かったが、事業者の負担等も考え理解を求める必要があるとの意見もあった。

 そのために、本日の午前中に風間調査会長と調査会幹事長の私と事務局担当者で、経済4団体(県経営者協会・県商工会議所連合会・県商工会連合会・県中小企業団他中央会)は行き、条例骨子案の説明をしご理解を得てきた。それぞれの団体では同様に、歯の健康は全身の健康維持に密接に関連している認識を持っておられ、条例の制定に大きな期待をもたれていた。本日の調査会において会長から、これらの報告をした結果、事業者の理解が得られたことにより、骨子案どおりと決定した。

 その他、今回の条例制定に当たって前文を掲載するべきとの意見があった。その反面、今回検討している条例案は概ね13条ほどのため前文は必要ないではとの意見もあった。今日の検討調査会に前回宿題となっていた、私の素案を検討していただいた。前文素案は、「条例制定の背景、目指している理想、想いを分かりやすく表現しており、前文だけで条例の概略が理解されるのではないか」との、意見が集約され前文を掲載することとした。

 本日の検討調査会で検討してきた「骨子案」が了解得られたので、調査会の骨子案とすることと決定した。今後は条例の名称について検討することと、事務局において条例上の文言として適切化などと、審査等の作業に入ることとなる。事実上の検討作業が終了し骨子案から条例案に移ることとなるだけに感無量の気持ちである。多くの皆さんからご指導とご提案をいただいたことに感謝したい。

|

県議会活動 

 19日 県議会・危機管理建設委員会の初委員会が開会された。私は2回目となるが、景気低迷で自主財源が乏しい上に、「コンクリートから人へ」と新政権の方針により、国からの予算が減少している中で、県土の社会資本整備を進めることの難しさをまず感じざるを得なかった。しかし、そんな状況下においても厳しい県財政をやりくりし、県民の生活や産業経済・観光などに支障をきたさないよう配慮されていることに、そのご苦労配慮に感謝したい。さりとて、ようやくスタートした新年度、県議会議員としてのチェック機能は、しっかりと努めていかなければと意を新たにしたところである。

活動報告

雪の中で「メルヘン街道」の開通式

 20日 国道299号線の佐久穂町の八千穂高原から、茅野市の蓼科高原の間を結ぶ「メルヘン街道」の開通式が、行政境付近の麦草峠で行われた。この「メルヘン街道」は東洋一と言われる白樺の自然林をはじめ、街道一帯が四季にわたって彩を楽しめてくれる。先日降った雪のため式場周辺は多くの雪があり、今日も寒い開通式だったが、両市町から毎年駆けつけてくれる保育園児によって雰囲気を暖めてくれた。ようやく遅い高原に春が訪れることになる。今年も大勢の観光客を期待したいものである。

 市街地から数キロ上がったところの道路の両脇では、少し前に白樺やカラマツの木に降った雨が、霧氷ならぬ氷の固まりとなり、多くの木が重みで折れたり、根こそぎに倒れていた。町でも対策や復旧に努力されているが、白樺の寿命が約六十年ときているだけに、2~3年で現状復帰できるものでなく、写真マニアの観光スポットだけに残念である。

|

活動報告

 13日 12日から「ようこそ(移動)知事室へ」の南佐久地域視察が本日にかけて行われた。初日の12日は佐久穂町の「高野町農産物直売所(町の駅)」を最初に視察を行われ、直売所の役員の皆さんと懇談された。現在では町の補助金もないが黒字にもう一歩との報告に感心されていた。その後広域農道佐久南部の進捗状況を視察された。私も同行したが、既に完成間近になったものの、橋脚はできているが橋本体工事は、新政権になり中止となっている。現場の状況を見て唖然となってしまった。全て机上の上で事業の見直しが行われているため、単に農道がゆえに見直しがされたにすぎず、逆にムダを作っていることがわかっていない。知事もびっくりしていたが、私も農政林務委員会の委員長であったが変更も知り得なかった。政権を得たから前政権の政策や事業は、全て問答無用で見直しすることはいかがと思う。

 そのほかにも、11箇所の視察を精力的にこなしていただいた。南相木村の「工房あいき」では、加工品のネーミングなど積極的に知事からアイデア等指導された。川上村の有害鳥獣食外対策(シカ)の現場においての説明を聞き、ここでも国の補助金の減額に伴い、途方にくれていた農家の皆さんの声を聞き、現状の理解を示されたが、対策の妙案もなく苦しまれていた。私も何とかしてあげなければと思いつつ、予算上の問題だけに知事の勇断を期待したいものである。成果のあった「ようこそ(移動)知事室へ」の南佐久地域視察であったと思う。

|

私の意見 
 9日 本日の信濃毎日新聞で来年に任期を迎える県議会議員の意向調査が発表された。現在4年目のスタートを切ったばかりで、新しい委員会の初委員会も開催されていない現在、アンケート調査を受けた議員の立場としても正直答えにくい。むしろ迷惑なことである。与えられた任期を丸々1年残し、支持を与えられた県民の皆さん、前回の選挙では支持できなかったが、3年間の活動の中で少し見直そうかと考えておられる県民の皆さんなど(逆の場合もあるが)、県民の皆さんも千差万別だ。議員としても新しい委員会に向かって調査活動など意を新たにするとともに、3年間で成し得なかった課題に対しての取組みなどやるべきことは山積している。まずは、このような自分に与えられて仕事を全うすることが使命と感じているところだ。

 設問についても、単純に村井知事を支持するか、しないかの設問に、実はかなり自分の考えを述べているが、わずか2行で収められては私の意思は伝わらない。私は村井知事の県政運営については、地味であるが的確に約束どおり81(当時)市町村を重視し、前県政でできた歪みを是正し、市町村とともに県民の生活や経済回復に努力された点は大いに評価できる。その点は支持できると判断したゆえんである。しかし、なんでも丸呑みで支持ということではなく、議員の立場としては常に野党的な相反する立場で対峙していることが議員の務めとしている、と応えたが「支持している」としか掲載されない。いたずらに煽るのもいかがと思うが、県民の皆さんはどう判断されるだろうか。

 国会においても国民不在の動きがされている。それぞれ議員としての思いで行動されていることは理解できるが、二大政党を軸に国民が政策を判断し、一方の政党に政権を与える仕組みとなっている現状を理解されていないのではないか。国政をいつでも責任持って行おうとする姿勢が欠如している。そのために、党内で改善していこうとする努力を放棄してしまっているとしか考えられない。少数の会派では、いずれの多数政党が誕生しても、キャスティングボードを得れるかもしれないが、自ら政権をつかさどることはできない。

 一方改善を求められた自民党執行部も要望を拒否しておきながら、離党者が出てから若い議員の処遇をしようとしている。本当に国の行く末を考えているのだろうかと疑いたくなる。もっと胸襟を開いて日本の将来、国民のための議論をしていただきたいものである。そのうえで、今の日本国の状況がどうなっているのか、よく状況判断して国会議員として国民のための行動を取っていただきたいものである。

|

私の意見 

 3日 12月31日と元日と同じように3月31日と4月1日、一日の違いではあるが気持ちの変わりようと言うか、全く生まれ変わるような思いの差がある。入学式・入社式・辞令交付式など職場によって呼び名こそ異なるが新しい息吹を感じる。今年も大勢の職員の皆さんが転任のご挨拶に来ていただいた。「やぁ、貴方が今度こちらで・・・」と、親しみをこめてお迎えする人、「どこかで見た感じだけど・・・。」と思いながら全く初めての人、方やお互いに知り合いの安堵感、一方緊張の姿にこちらも緊張してしまうなど、出会いの思いは様々である。野山が芽吹き花が咲き始めているように、新任地でそれぞれの分野で、今までの部署で出し切れなかったパワーを出していただきたいものである。

 1日には123年の歴史と数多くの実績を残し、地域の治安を守り続けてきた南佐久警察署に幕が下ろされ、佐久警察署南佐久庁舎・臼田警部交番・佐久地域警察機動センターとして生まれ変わり、開所式が行われた。地域住民の期待と不安を抱えてのスタートである。私も現状と将来を鑑みて、この組織再編問題には積極的に推進してきた。それだけに私にも生まれ変わった新組織体制の先行きには責任がある。住民の皆さんに約束してきたことが、1年や2年あるいは数年で反故にするようでは困る。

 私たち議員は4年の任期しかないだけに、その後の議員の立場の保証はない。一緒に住民の声を聞き、住民の不安や質問に応えてきた当事者の皆さんも、しっかり腰を据えて辛抱強く約束を守っていただきたいものである。時代とともに社会環境の変化に伴い、再び改善のときも来ると思う。その際はこれらの経緯を後世の担当者にも確実に引き継ぎ、住民の声を適切に聞き取り住民への説明責任を果たしていただきたい。いずれにしても、新しく生まれ変わるときは、とかく「以前は良かった」と言う声が出がちである。お互いが「新」を育て、出てくる「芽」を大切にし、立派な「花」を咲かせるよう務めたいものである。

 

|