現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

福岡でベンチャー企業の支援策を視察調査

活動報告 

 2日 今日から3日間創志会の県外調査を行う。初日の今日は、各会派代表者会議などがあるため、午後のまつもと空港発のFDAを利用して福岡に向かい、福岡での調査視察を行うこととした。
本日は福岡空港に到着後、そのまま財団法人福岡県産業・科学技術振興財団(理事長・麻生渡福岡県知事)を視察し他。財団では産学官の共同研究によって創造的研究開発を推進することによって、科学技術の振興を図ることとしている。そのことにより福岡県の産業の活性化と県民生活の質的向上を図ることとしているものである。

 この財団の中で特に特徴ある取組みをしている、「福岡システムLSI総合開発センター」において、30程の大学等の頭脳資源や半導体関連企業の集積、自動車産業の集積などが高まってきている北九州地域を拠点に、世界をリードする先端システムLSIの開発拠点を目指している。注目されるのは資金も人材もないベンチャー企業が、このセンターを利用して共同研究と開発をし、確実に製品化・事業化に結び付けていることである。本県の諏訪地域や南信地域に集積する精密関連企業等に対し、更なる先端技術の向上を目指すために、大いに参考にすることができると感じた。