現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

村井知事、最後の定例会であいさつ

県議会報告 

 17日 6月定例会が開会された。この4月に人事異動により就任した小池茂見総務部長など9人の新しい理事者の紹介があった後、参議院選挙に出馬のため高島議員が議員辞職したため、空席となっていた環境商工観光副委員長には、採決の結果小島議員が選出された。引き続き8月末日を持って任期満了となる村井知事が、定例県議会最後の知事議案説明を行った。議案説明を前に任期満了を迎えるに当たり3年9ヶ月余の知事生活の所感を述べられた。

 最初に、「県議会はもとより、市町村、国などの諸機関、実務の担い手である大多数の職員との信頼関係まで損なわれて、業務に極度の混乱が生じていた県行政の正常化を図るため、知事として職務に邁進してきた。」と、名指しこそしなかったが田中前知事により混乱した県政を修復した点に触れた。更に、県議会と緊張感を持って適度な間隔を保ちながら、課題の解決を図るため、拙速や独善に陥ることがないよう、県議会と十分な意思疎通を図ることにより、協調して県政を進めてきたと、何よりも「信頼関係の構築」に意を用いたことを強調された。

 県政運営に当たっては市町村の意向を尊重し、地域の声に謙虚に耳を傾け、ともに手を携えながら県政運営に努めたとし、国とも常に密接な関係を保ち、国の施策や予算に関して、地方の実情に即した建設的な提言を心がけた。更に、その結果、過疎対策の画期的な拡充、地域公共交通活性化のための支援制度の創設、有害鳥獣対策制度の拡充などが実現し、国庫補助負担金など積極的な活用が可能となったと、知事になってからの実績を語られた。

 決算見込み等については、国内外の経済不況の中で県税収入も大幅な減収を余儀なくされたが、緊急経済対策など積極的に実施したにもかかわらず、歳出の縮減等、効率的な予算執行の努力の結果一般会計の実質収支は54億円の黒字を確保できる見込みで、予定していた基金65億円の取り崩しを回避できたなど、健全な県政・財政運営であったことを述べていた。であるならば、通年の当初予算を組まれた村井県政、更にもう一期継続しても良かったのではないかと、今更ながら思うが、逆になぜ今頃になって「不出馬」を表明したのか、恨み節も聞こえてくる。なんとも複雑な気持ちである。