現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

豪雨災害の被災地を調査

県議会報告 
 21日 危機管理建設委員会の2日目、今日は上田合同庁舎で関係市町村から陳情を受けた後、上田建設事務所及び上小地方事務所から概況説明を受け、街路事業などの現地を調査した。その後、7月1日から3日にかけて、場所により一時間に87㎜と言う集中豪雨により被害を受けた、青木村洞地域の災害現場の視察をした。新築したばかりの住宅・土蔵が被害にあわれ、気の毒としか言いようがない状況であった。しかし、その中において仮設の河川を設置し、迅速に二次災害を防ぐ処置を施した現地建設事務所の判断と行動に敬意を表したい。
一日も早く復旧に努めていただきたいものである。

 午後は北信合同庁舎で概況説明を受けた。概況説明の前に地元市町村長の皆さんから陳情を受けた。栄村から野沢温泉村に通じる「県道箕作飯山線」の唯一未供用区間となっている県道整備の陳情があった。50年に長きにわたっての地元の要望に対し、県は何をしていたのだろうか。本当に必要のない道路なのかとふと思った。そのため、受け入れて事業化できないのか、50年も事業化できなかった要因は何か、と質問しようと思った。説明の中で本年度の重点事業の中に、この未供用地域に対し県単調査として計画が実施されていたので、救われたような気持ちになった。調査の結果を待たなければならないが、事業化出来るならば、早くするべきではないかと感じた。

 いつもながら現地調査は過密なスケジュールの中で実施している。飯山の新幹線飯山駅周辺の調査もしたが、既に2回調査をしてきたが、今回こそ事業が大幅に進捗しているなと感じたことはなかった。今後に期待がされる。