現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

議会の役割の重要さを再認識::第6回長野県地方自治政策課題研修会::

   22kennsyuukai-2_P1030468.jpgのサムネール画像活動報告 

 30日 第6回長野県地方自治政策課題研修会が県庁講堂で開催しました。今年はいくつかの市議会が開催されていたにもかかわらず、450名余の県下の市町村議員や職員の皆さんなどが参加されました。今回は、地域主権型社会における国と地方の役割分担を踏まえた、地方議会の果たすべき役割についてをテーマに、山梨学院大学の江藤俊昭教授を招いて講演を頂き、会場の参加者と活発な質疑応答が行われました。

 研修会では長野県議会が一昨年から、健康の原点とも言われる歯科保健対策の充実を図り、「長寿県 長野」の堅持と継承を図るため、「長野県歯科保健推進条例制定検討調査会」を設置して検討調査をし、条例要綱案がまとまり9月定例会に議員提案の運びとなったため、調査会の経緯と条例案のポイントを風間検討調査会長から説明をしました。

 

 22kennsyuukai-1_P1030478.jpgのサムネール画像

 6回目を迎えたこの研修会は、県議会の全ての会派から実行委員を選出し、企画運営をするもので、講演内容等についてはその年・時代にふさわしい課題をテーマに講師を選定、開催通知の発想などの作業など実行委員会が行っています。研修会当日は、全県議会議員が参加して講堂の机や椅子をならべや後片付けを行うなど、全て県議会議員による手作りの研修会です。講師の江藤先生も講演の中で触れておられたが、全国でも長野県だけの試みで他に例はない、是非長野県から全国に発信していただきたいと、お褒めの言葉をいただきました。参加した皆さんも、市町村で作成される自治体計画には、住民の声を反映させるべく積極的関与など、地方議会の役割の重要さを改めて認識されていました。