現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事一覧ページ

県議会報告 
 26日 景気低迷により建設業の経営破たんが相次ぐ中、どこの県も県内企業の保全と健全な育成が課題となっている。建設業のインフラ整備や災害時における緊急防災など、建設業の果たす役割は大きい。そのため県内企業へのバランスある発注を進めるには、入札の透明性・公正性・競争性と、適正な施工・品質確保が常に求められている。長野県でも入札制度の改正を進めてきているが、末端企業関係者から更なる改正の声が上がっている。そこで、一般競争入札から指名競争入札に切り替えるなど、入札契約制度の改正を進めている長崎県の入札制度等について視察調査をした。

 長崎県の入札契約制度の改正で注目されたのは、3500万円以上1億円未満の工事の入札を、一般競争入札から指名競争入札に切替え、更に入札契約手続き期間を42日から12日に短縮したことだ。更に、離島の多い長崎県は島内業者に限定した指名競争入札も試行し、下請け企業も島内企業に限定するなど、建設企業の保全には特に力を入れていた。本県の場合においても大いに参考になると感じた。

 最低制限価格を、WTO対象工事を除いて2億円以下の場合90%に引き上げている。その理由は、落札率の低い工事での事故件数が多くなってきていたこと、落札率低下に伴い経営状況が悪化していること、完成工事高が大きいほど利益率が高いことなどが、過去からのデータにより分かってきたことにより改正に踏みきったとのことである。これらがすべて建設業者の倒産が全産業の倒産企業の割合より高かったことも、改正の根拠となっている点が注目に値するものである。長野県としても今後も入札制度や契約制度等の改正に向けて一層調査研究が必要であろう。

 そのほか、河川事業の改修事業の現地、JR長崎本線連続立体交差事業などの現地の視察をした。

 

|

県議会報告 
 25日 本日から3日間危機管理建設委員会の県外視察が行われる。初日の本日はいきなりアクシデントが起きた。本日の予定はまつもと空港から福岡空港へFDAを利用する予定であった。新幹線で長野に向かう途中議会事務局から電話が入った。まつもと空港からの予定している飛行機が発着できない模様だとのことである。急遽JR中央線で名古屋経由で博多まで電車で乗り継ぎ、約9時間余の長旅となった。それにしても、既に本日のスケジュールに沿って議員は動き始めていただけに、迅速な判断と機敏な連絡により、全員がかろうじて変更したスケジュールに切り替えることができた。改めて議会事務局のチームプレイに敬服したところである。

 聞けば、まつもと空港周辺では視界が悪く、松本に向かっている飛行機が着陸できず旋回し、中部国際空港センとレアに向かったとのことである。標高が高いため気圧に影響されることは聞いていたが、まつもと空港は計器飛行でなく有視界飛行のため、視界の悪い場合は着陸不能となるとのことである。まつもと空港の利用促進をしようとしている矢先に、新たな負の発見であり残念ある。今までもあったと思うが、あまり話題にされていなかったが、新しい課題が増えたことにもなる。時にホテルにチェックインしないまま夕食時間は8時を超えていた。

|

県議会報告  
 14日 阿部知事となり初の県議会9月定例会が、約127億円の一般会計補正予算及び2特別会計補正予算、21年度一般会計決算認定などを可決し閉会した。一般会計補正予算約120億円の内約100億円は、私が所属する建設委員会が所管する経済対策関係予算であった。代表質問・一般質問を通じて阿部知事の県政の基本的な考え方が、最後まで分からなかったことは残念である。その曖昧な姿勢が委員会審査にも少なからず影響したことは否めない事実となった。職員の皆さんも知事が公約として打ち出している政策(?)項目が明確でないために、政策推進にどのように事業化するのか、予算に反映させなければならないのか、悩んでいるようである。

 事業仕分け一つとっても、議会は最初から事業仕分けを否定しているものではない。代表質問や一般質問で多くの議員が行政仕分けについて、いろいろの角度から知事の考えを求めた。知事としても自分の目指す『信州型事業仕分け』
を説明し、理解してもらうには最大のチャンスであったはずだ。にもかかわらず、具体的な仕組み等を公言しなかった。にもかかわらず、年度内に実施したいと言っているが、実施部隊として仕分けを取り仕切る職員が、内容も分からないで果たして実施できるのだろうか。議会としても、どうするべきか心配されている議員もあるが、議会は既に知事に質すべきものは質したので、あとは知事が明確な方向を示さなければ議論の対象にはならないので、議会側としては待つしかない状況である。

 浅川ダムの問題もそうであるが、すべて自分が問題を直接抱え、自ら判断しなければと言う姿勢は、一見リーダーとして逞しく見えるが、実態は何も結論が出ずに、深みにはまるばかりであると思う。本当に強いリーダーは、優秀な職員をいかに使いこなせるか、協力してもらえるかであろう。本定例会を無難に済ませたと安易に思うのでなく、副知事時代と異なりすべて決断を下さなければならない知事として体験した本定例会を、しっかりかみ締め県民のために混乱させることのないように、また、自らの公約を実現するためにも、大いに反省し政策実現に努力していただきたいと、強く感じた定例会であった。

|

県議会報告 
 12日 委員会審査は本日の午後から危機管理部関係の審査となった。下條部長は挨拶の中で市町村消防の広域化問題については、東北信はできるところから実施する。中南信は地域消防の将来像について市町村でサイド協議を深めてもらう。など市町村の判断を尊重して進めていくと述べられた。
私は、21年度事業で経済対策事業として「瞬時警報システム整備」の事業費4億66258千円が全額今年度に繰り越されていることについて、本年度において推進状況と遅れている理由を聞いた。危機管理防災課長は、国において全国統一の詰めを行っている状況のため、未だ発注してないとの答弁であった。経済対策として予算化した事業にもかかわらず、国で詰めを行っているとは、全くおかしな話である。

 午前中の建設委員会では8日の私の委員会での質疑で、「本来、繰越明許は事業を進める努力したが、結果的に不測の理由によって翌年度に繰り越さざるを得ないため、繰越明許費を設定するものである。何故、この9月定例会で設定しなければならないのか。」と理事者の答弁を求めた。私は質疑の一部を訂正する意味と、議案説明書の趣旨説明の内容の「文言」が適切でないと再質疑をした。

 繰越明許費と事故繰越について、改めて制度を共有する意味で触れさせてもらった。繰越明許費は、あらかじめ年度内に経費を使用し終わらない恐れがあることが予想されるものについて、予算の定めるとこにより繰り越すものである。この場合、全然未使用の場合も入るものとされている。また、補正予算においても認められている。したがって、繰越明許費は、「事由」「事故」があらかじめ予想される場合であること。
 事故繰越は、年度当初等において繰越を全然予想しなかったが、たまたま避けることのできない事故のために、年度内に経費の使用が終わらないという事実に対して行われるもの。したがって、事故繰越は突発的なものが要因であること。これらをお互いに(委員及び理事者)再認識をさせてもらった。

 このように、今回補正で提出された繰越明許費は、一応妥当であるといえるものである。ただし、県側が示した繰越明許費の設定についての趣旨説明では、「不測の理由により工期が翌年度に及ぶ事業について、より早期に発注し、事業効果の早期発現を図るため、繰越明許費を設定する。」としている。この「不測の理由により工期が翌年度に及ぶ事業」の趣旨が適当でなく、間違った趣旨であると思う。「不測」とは「予想できないこと」であり、あらかじめ予想される繰越明許費とは違って、繰越を全然予想しなかった事故繰越に対し使用するべき文言である。

 私は、言い訳のようであるが、繰越明許費と読みながらも、この不測の理由を見て、事故繰越と解釈し、不測の理由であれば2月定例会での提出が相応しいものとしたものである。8日の部長の説明のように、明確に工事が完了できないことと、あらかじめ、今年度中に準備をし早く発注をかけたいとする説明は、その通りで理解できる。であるならば、趣旨説明においては、「不測の理由」でなく、部長が説明したような理由を明確に記載するべきであると考える。
今後もこのような事例はあると思われるので、この際はっきりしておきたいと、建設政策課長と部長の考えを聞いた。

 部長は理解されたものと思う。行政用語の解釈は、いろいろと解釈できる場合もあるが、この場合は違いを明確にしていかなければ予算を調整するうえで、大きく異なることになる。今後のためにもよく整理しておくことが必要であると考える。
少し長くなってしまったが、最後まで読んでいただき感謝したい。

 

|

県議会報告 
 7日 本日から3日間委員会審査が行われる。本日と明日は建設部関係の審査が行われる。本日の建設委員会において、入江県説部長から建設部関係の最近の状況について説明があった。国の23年度予算の概算要求では、結果的に本年度と同額の予算要求がされる見込みであり、公共事業関係費は4兆8342億円、非公共事業で8737億円と前年比1.02倍の5兆7079億円が概算要求の規模となる見込みである。

 9月補正予算のうち建設部関係は県内経済の下支えと雇用の確保を図るために、県民に密着した社会資本の維持補修などの前倒しを視、53億1724万円が計上した。また、災害関係事業で35億3230万円を計上したと説明された。淺川ダム関係については、5月から本格的工事に着手している。知事が現地の視察や県民の意見を聞いていることに触れ、本体工事を施工している現実も考慮しながら、知事自身が納得できる形で方向付けを行い、県民への説明責任を果たしていくなどと説明があった。
本格的な質疑は明日からの委員会で行われることになる。

|

県議会報告 
 6日 本日の本会議で知事提出議案及び行政一般に関する質疑(代表質問・一般質問)を終了し、決算特別委員会を設置がされ、議長より委員及び正副委員長の選任があり全会一致で採決された。委員長に創志会の福島鶴子議員、副委員長に自民党県議団の今井敦議員が選任された。続いて「歯科保健推進条例」案など議員提出議案16件の審査が行われそれぞれ採決された。

 5人の代表質問及び33人からなる一般質問を通して感じたことは、阿部知事の答弁に総じて誠意が見られなかった。また、知事がやろうとしている施策に対しての答弁を聞く限り、知事自身の考え方がなく、長野県に骨をうずめようとしている知事の熱い思いが、伝わってこなかったことは残念である。「議会との信頼関係を深め、情報公開と対話をして拓かれた県政運営をしていく」としながらも、議員の質問に対してまともに応えていなかった。マスコミなどは、賛成反対など両者の意見を聞くあまり、抽象的で当たり障りのない答弁だとしているが、私は知事としての厚い思いと信念がないと言わざるを得ない。今後の県政運営に一抹の不安を感じるものである。

 本日の本会議は私の議員生活で忘れられない一コマがあった。それは冒頭にも触れた「歯科保健推進条例」が全員の賛成をもって採決されたことである。
「提出者の説明は以上のとおりです。議第1号 歯科保健推進条例を採決するにご異議ございませんか。」『異議なし』。「議第1号 歯科保健推進条例は可決されました」と寺島議長の議決宣告の声に、思わず目頭が熱くなるものを感じた。約2年半にわたり本日の条例制定に向けて走り続けてきたことに間違いはなかった。多くの皆さんにご指導ご協力を頂いたことに感謝を申し上げたい。これからは条例の中で県に義務づけられた「長野県歯科保健推進計画」に向けて、一層、充実した中身のある計画となるよう力を注いでいきたい。今宵はささやかなお祝いの美酒を味わいたいと思う。

|

県議会報告 
 4日 今日の一般質問は創志会デーだった。トップバッターに高橋宏議員、続いて佐々木祥二議員、一人おいて午前の最後に私が、午後には金子ゆかり議員が知事ほかに質問した。私は「長野県農業と信州型事業仕分けについて」ついて、敢えて事業仕分けの目的・内容や、手法手段などに触れずに、鳥獣被害等、農業に関わる国の事業仕分けを例に、課題の原点に戻り、知事が体験された事業仕分けの状況を取り上げて、その当時の知事の考えを聞いた。

 それは、本県の基幹産業である農業が、国の事業仕分けによって、大きく揺らぎ、国に対する信頼が損なわれ、本県農業の将来が危惧されているからである。信州型事業仕分けが、正しい考え方の下で行われなければ、ならないからである。事業仕分けを実施しようとする根幹の趣旨や理念が間違っていては、知事が言われる「誰がやるべきか」や、「制度上の問題の整理」はできない。結果として県民の利益にならず、県民の信頼を損なうことになるからである。

 国の事業仕分けで当時行政刷新会議事務局次長としてワーキンググループの指揮を取っており、長野県の知事をめざしていた阿部知事は、鳥獣被害の認識があったにもかかわらず、本県の鳥獣被害状況の調査はしなかった、仕分けの結果は鳥獣被害防止総合対策交付金が大幅に削減された。その結果本県の農家は大打撃を受けたのである。その指揮を取っていた阿部当時の政刷新会議事務局次長の判断は間違っている。反省して訂正をするべきと知事の考えを質した。

 知事は、仕分けは行ったが結果として国が交付金の削減を決定したものだ。とひと事のような応えであった。「長野県を愛する」として知事に就任された知事としては、あまりにも本県農業の実態と農家の苦しみを知ろうともしていないことは寂しい限りである。国は鳥獣被害防止総合対策交付金のカットは間違いであったから、来年度予算に復活を決めた。自分の主張を誇張するだけで、聞く耳を持たない姿勢は、知事が常に言われている「対話」にはならない。素直に調査の仕方やカットは適切でなかったと知事が訂正しても、知事の威信に傷つけることにもならず、影響はないはずだ。むしろ、本県の農家や県民市町村長、県議会議員からは良い評価を得られるはずである。

 私は、今までの知事の答弁を聞く限り、現在県が色々実施している政策評価、県の監査、議会の決算委員会の審査、議会のチェック機能等で十分であると考える。信州型事業仕分けは、慎重に対応するべきと指摘させていただくと、知事の猛省を促した。

一般質問の全容は定例会・代表質問・一般質問内容からどうぞ。

|