現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

9月定例会の委員会審査が始まる

県議会報告 
 7日 本日から3日間委員会審査が行われる。本日と明日は建設部関係の審査が行われる。本日の建設委員会において、入江県説部長から建設部関係の最近の状況について説明があった。国の23年度予算の概算要求では、結果的に本年度と同額の予算要求がされる見込みであり、公共事業関係費は4兆8342億円、非公共事業で8737億円と前年比1.02倍の5兆7079億円が概算要求の規模となる見込みである。

 9月補正予算のうち建設部関係は県内経済の下支えと雇用の確保を図るために、県民に密着した社会資本の維持補修などの前倒しを視、53億1724万円が計上した。また、災害関係事業で35億3230万円を計上したと説明された。淺川ダム関係については、5月から本格的工事に着手している。知事が現地の視察や県民の意見を聞いていることに触れ、本体工事を施工している現実も考慮しながら、知事自身が納得できる形で方向付けを行い、県民への説明責任を果たしていくなどと説明があった。
本格的な質疑は明日からの委員会で行われることになる。