現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

県外視察の当日でアクシデント

県議会報告 
 25日 本日から3日間危機管理建設委員会の県外視察が行われる。初日の本日はいきなりアクシデントが起きた。本日の予定はまつもと空港から福岡空港へFDAを利用する予定であった。新幹線で長野に向かう途中議会事務局から電話が入った。まつもと空港からの予定している飛行機が発着できない模様だとのことである。急遽JR中央線で名古屋経由で博多まで電車で乗り継ぎ、約9時間余の長旅となった。それにしても、既に本日のスケジュールに沿って議員は動き始めていただけに、迅速な判断と機敏な連絡により、全員がかろうじて変更したスケジュールに切り替えることができた。改めて議会事務局のチームプレイに敬服したところである。

 聞けば、まつもと空港周辺では視界が悪く、松本に向かっている飛行機が着陸できず旋回し、中部国際空港センとレアに向かったとのことである。標高が高いため気圧に影響されることは聞いていたが、まつもと空港は計器飛行でなく有視界飛行のため、視界の悪い場合は着陸不能となるとのことである。まつもと空港の利用促進をしようとしている矢先に、新たな負の発見であり残念ある。今までもあったと思うが、あまり話題にされていなかったが、新しい課題が増えたことにもなる。時にホテルにチェックインしないまま夕食時間は8時を超えていた。