現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事一覧ページ

私の意見 

 27日 国民に対して大事な生活の向上のために、早期に経済の回復を図るために、23年度の国家予算を決める重要な国会が開会された。菅総理の施政演説に続き責任ある第2党の谷垣自民党総裁の代表質問が行われた。結論から言うと、支持率が上がらない今の自民党を象徴する内容であったと言わざるを得ない。ただ、谷垣総裁の言わんとしている事はよく理解できるが、解散を前提に論議をする姿勢を、国民は賛意を示しているだろうか。

 政権を長年担当してきた自民党として、まずは積極的に民主党と違うとされる政策、我が党なら国民のためにこうするとした政策を打ち出し、真正面から政策論争をするべきだと思う。そのうえで、異なる政策に対して国民に真を問うべき解散を求めるべきではないか。国民にしてみればその方が分かりやすい。
正々堂々と政策論争をして勝ち得た政権であれば、自信を持って少なくとも長期政権が得られると思う。

 民主党にとっても、答弁をはぐらかしたり、党内で議論もされないで、唐突であいまいな菅総理の個人的と思われる政策や、国民から見ても約束されたマニフェストと異なる現施策を、勇気を持って謝罪したうえで、将来を見据えた財政規範にのっとった政策で対抗するべきではないか。

 本日の中曽根参議院議員会長の代表質問は、谷垣総裁より良かったように思える。ただ、菅総理の答弁に対し再質問がないことは、あと出しジャンケンと同じで言われっぱなしである。後の予算委員会でどこまで各委員がホローするかが問題だ。いずれにしても、もっと国民のための政策論争をして、安心して任せられる国会として正常化してもらいたいものである。

 ここまで、「私の意見」を述べて、はっと感じたことは、私たちの県議会も県民から見ればこのように映っているのだろうかと感じた。議員としては県民の皆さんのためにと思い、理事者側と対峙しているのだが、議会村や県庁村にいると、つい県民の民意と異なった感覚に陥ってしまうことがある。議員としての説明責任のあり方や工夫を、もっと改善していく必要がある。新しく県民の皆さんの審判を受ける身として、よきチャンスとして捉え、県議会での仕事の場を与えられた暁には、県民の皆さんのためにも議会改革を進めなければと強く感じた、国会の代表質問のやり取りであった。

|

県議会報告 
 20日 本日3年連続となる1月における臨時県議会が開会された。予算的には国の経済対策補正により、国の地域活性化交付金及び補助金を最大限活用したものとなっている。阿部知事も長野県経済は緩やかに回復しつつあるものの、改善の動きに一服感が見られ、雇用情勢も以前厳しいものとなっている。そのため、23年度当初予算に基づく事業が本格的に動き出すまでの間、経済活動を停滞させないために臨時会を招集し補正予算案を提出し、県内経済の下支えなどに要する経費を計上したと、議案の提案説明で強調されていた。

 建設委員会関係では補正総額約23億円が計上されたが、いずれも23年度事業分の前倒し事業が多い内容となっており、出来る限り速やかに年度内発注をするとしている。現況においては関係業界の情況を考えると評価できるものであるが、既に3年も先年度の事業の前倒しをしているので、このあおりが来なければよいがと心配される面もある。

 今回の補正予算では、国補正予算関連の各種基金への積み増しも多く、約66億円が基金への積み立てとなっている。新規の基金としては、市町村が実施する「子宮頸がん予防ワクチン等の接種事業」に対する助成のための基金が造成された。それらの基金を活用して、暮らしの安心確保として、子宮頸がん予防ワクチン等の接種に対する助成や、生活福祉資金の貸付、自殺防止対策などの支援の充実が図られることになる。

 いずれの部局においても、経済対策と銘打っての補正予算だけに、速やかに地域経済の活性化のために予算の執行を期待したいものである。本日4時50分の本会議が再開され、いずれも原案の通り全会一致で補正予算を可決し閉会した。
創志会では、本日の総会で金子議員が代表質問を行い、他の議員全員が一般質問することとした。来期に向けての準備活動とともに、一般質問に向けての調査活動など忙しい日々となる。

|

活動報告 

 5日 南佐久トップを切って、川上村消防団の出初式が挙行された。真っ白に雪化粧し、稜線がくっきりとした八ヶ岳連邦を正面に見ながら出初式会場に向った。自然と爽やかな気持ちになるのが運転していて分かった。出初式では藤原村長の式辞の中にも触れておられたが、川上村消防団は村民当たりの消防団員の数が全国一である。人口減少社会の中にあって、4500人ほどの村総人口の中で、300人余の消防団員が加入していることは素晴らしいことである。健全で誤りのない村政運営が行われてこられた事により、農業を中心とした村の産業に多くの後継者が根付いている証である。住民の皆さんが安心して生活が営むことができるよう、消防団の皆さんの予防消防に徹した一年のご活躍を期待するとともに、川上村と川上村消防団のご発展をお祈りしたい。

|

活動報告 
 
23年正月 皆さん新年明けましておめでとうございます。

今年の正月は予想に反して穏やかな新年を迎えることになった。雪のない正月は、山陰や北陸や東北などの大雪に見舞われた皆さんには失礼とは思うが、些か寂しいが移動するにはありがたいことである。元日はお決まりの歳時等をこなし、年賀状を見始めたのは4時ごろになってしまった。今年は次男の家族が都合で来れなかったため、長女の孫たちのみで、こちらもやや静かな正月となった。

 「辛卯(かのと・う)」俗に言われる「ウサギ年」の本年は、『筋道を立てて、処理よろしきを得れば、伸展、繁栄へと導くことができる。』と安岡正範先生は干支の意味するところを教示しておられる。処理を誤れば、紛糾・混乱・分裂・破壊につながるとの意味もあるそうである。政治経済は、注意深く且つ思い切って障害を除去し、処理を行わないと、紛糾・混乱はまぬがれない年であるとも教えています。今の国の現状はまさに干支の意味することとつながる思いがする。本県にとっても、一つ舵を誤ればと「そう思いたくない」一年であって欲しいと願うものであり、ウサギにちなみ大いに飛躍(跳躍)する年を期待したいものです。

 私も今年は挑戦の年でもある。人口減少社会で苦しむ地元の小規模町村とともに、人口減少ストップをかけるなど、佐久地域の抱える課題や、県民の皆さんが求める、より豊かさが実感できる長野県、夢と希望のある南佐久づくりを目指し、三度目の県議会への挑戦を決意させていただいたところである。私が目指したい課題は沢山あるが、まずは私の政治信条である「どんな小さな声にも耳を傾ける姿勢」で、県民の皆さんの声を大切にした長野県づくりのために、大願を成就するために努力するつもりである。

 最近の報道を見る限り、何故か県と県議会との取り上げ方に違和感を感じてならない。昨年の知事選挙は確かに政党の支持を得た阿部知事が誕生したことは事実である。しかし、議院内閣制の国会と仕組みを変える県政で、政党をいつまでも引きずることを助長させるような報道の仕方は好ましいとは思えない。どの会派も、阿部知事が当選以後は「ノウ」としている会派はない。阿部知事が新知事として、長野県の方向をどう導いていこうとしているのか、どのような県政を司っていこうとしているのか、明らかに示されていない。その姿勢を問うことが反対勢力(野党)と決め付けるのはいかがであろうか。

 今回の統一選挙の報道にあたり、ことごとく知事与党・知事野党と私たちが望まない方向に持っていこうとしている。時の知事の県政運営の取り組み方によっては、知事に対して野党的な立場をとったり、与党的な立場をとることは議員として当然のことである。良いことはことさら強調して賛同の意を示さないが、県民にとって好ましくない施策であれば、声を大にして改善を求めることになる。これが是々非々である。誤解を招くような報道は慎むべきと思う。
ともかく、今年一年が県民の皆さんにとりまして、ご健勝とご多幸であることを祈念させていただき、私も一年のスタートを元気よく号砲とともに走り出し、県民の皆さんのために大きな汗を沢山かきたいと思っている。
本年もよろしくお願い致します。

|