現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事一覧ページ

私の意見 4月28日

 わが国の将来を任せられる政党とそのリーダーを考えたとき、眞に不安が一杯である。民主党がダメであるならその受け皿をと期待されなければならない自民党、いずれも頼りにならず政治不信を抱くのみである。東日本大震災の復旧対策について説明するまでもあるまい。民主党はともかく自民党の対応は、国民が絶対的な信頼を持って次期政権を担当してもらうと、到底思えない政治判断を繰り返している。

 地震対策を盛り込んだ第1次補正予算案について、その財源について党内の様々な意見に振り回されている。財源に反対するのであれば堂々と反対し代替案を示すべきではないか。それもしないで、他党(友党の公明党)が賛成する方針だから慎重に判断をするという。次の政権を責任もって担当するとするならば、明確な代替案を示しその予算を通すだけの熱意が欲しい。もし代替案がなければ、まずは被災地の情況を真摯に受け止め、震災復旧に向け財源は時に容認し予算を通す度量が欲しい。財源に不満があるのであれば、第2次補正予算で組み替えるなど、責任と自信を持った判断を下していくべきではないか。

 他党の動向や世論をにらんだ政治的判断をするのでなく、今の非常時に対応するために与野党を超えた、超国家的救済の立場で判断し、まずは国難の処理を優先するべきではないのか。その努力を国民に示さないままで、菅内閣不信任や政権交代論を論じるべきではないと思う。だから政治不信が増幅していくばかりになると思う。民主党政権に全く信頼感がないだけに、この先々が本当に不安でならない。谷垣総裁をはじめ自民党の執行部は、もっと賢い判断をするリーダー振りを発揮するべきではないか。国がしっかりしてくれなければ、県も市町村も元気になれない。国民不在の党利党略の政治の考えは、今の社会には馴染まないと思うがいかがだろうか。

|

 26日 統一選挙も終わり新しい首長や議員が誕生しました。県議会も25日に新会派により議会の会派構成が決まりました。私もいち早く「長野県議会議員 髙見澤敏光ホームページ」から、「髙見澤敏光ホームページ」と模様替えをしました。当面は「としみつTime’s」のみで私の近況や私見をお知らせしたいと思っています。過去の県議会の活動等につきましては、後日リンクできるようにしたいと思っています。再スタートとなりました「としみつTime’s」は、ごくシンプルな形でスタートすることになりました。今後とも従前にましてご訪問をお待ちしております。

 今はあまり書きたくないのですが、県議選が終わって2週間、選挙期間中の色々な情況が耳に入ります。選挙期間中に伝わっていればと悔やまれる話ばかりですが、そうですかと聞き流すしかありません。下馬評で間違いないと言われる選挙の難しさを、教科書通りの結果であったと改めて感じさせられました。それにしても、県民の皆さんは何を基準に選挙に臨み投票しているのか、有権者の投票行動に合点がいかない、悶々とした心境が残るばかりです。

 県議会も私が所属していた創志会も名前が変り「県政ながの」となり、改選前の9人から6人での船出となりました。残念な気持ちには変わりはありませんが、長野県議会の大事な適切な判断を決める集団として、堂々と県議会の良識ある中間会派としての役割を果たしていただきたい。そして、スパイスの使いようによって料理のうまさがあがるように、ピリッとした辛さを随所に活用し、大勢に迎合することなく、県議会を引きたてて頂きたいと願うのみです。

 更に、県議会改革については、マスコミや一部の県民の時の声に惑わされないで、県民のためにつながる県議会改革を「県政ながの」から発信し続けていただきたい。このように常識ある行動は、実は一番大変で情報発信能力と行動力にあわせ、忍耐力が伴わなければなりません。「県政ながの」に大いに期待いたしております。

 これからも、「としみつTime’s」を、よろしくお願い致します。

|

報告 

 16日 選挙が終わって1週間になろうとしている。気持ちの整理が付いたような、付かないような、あっという間の1週間であった。ふと気がついたら我
が家のトイレの壁に、絵文字の日めくりカレンダー二枚が貼ってあった。正面のため否が応でも目に入る。(失礼)
「NEVER GIVE UP!!  あきらめず カベぶちやぶれ」 「自分の道を 道なき未知を みちあふれる 元気で えがおで すすんでゆこう」
 女房の仕業だなと直ぐ思った。そんなに沈んだ様子を見せたつもりはないが、温かい優しい心配り、気配りに感謝するばかりである。ともかく怯むことなく、自ら引きこもることなく前向きに表に出ることにしている。そのためか今、ずっと前から当たり前の生活をしているかのようでもある。違う点は、選挙前や期間中に届いた各総会の出席辞退を申し出たため、時間的余裕がすこぶるあることだ。

 私は、地域の多くの皆さんが寄せられたご要望など、お約束してきたことが果たしてどうなるのか。そのことが不安でもあり心配でもある。先送りしなければならない事項もあるが、それらは要望者も理解を示していただけるであろう。しかし、直ぐに支援をしてやりたい事項や、即刻、事業化し地域の皆さんの不安な生活を解消してあげたい事案もある。また、歯科保健推進計画の具現化、佐久地域の高校再編の問題、難聴者の生活改善のための手話通訳の問題、当選したら公に発表して取り組もうとした、企業誘致プロジェクト問題、数え上げれば切がないほど次から次へとでてくる。

 どうしようと考えるまでもなく、自分でできることは何か。現状では何もできない自分の歯がゆい情況に、ただただ情けなさより焦りさえも感じる。真剣に話し合ってきただけに、それらの要望等を実現するためにも、同僚であった議員にすがるしかないのか。ともかく自分でできる手段と、あらゆる手を差し伸べて少しでも応えられるように努力していくつもりである。落選したから、後は知りませんということにはならない。責任ある行動を続けていきたい。

 新しく選出された依田明善君は、周囲から聞くところによると、明るい青年だとのことである。政治的手腕は未知数であるが、地域の代表として頑張っていただきたい。その働き方によっては・・・・・。

 県会議員の立場としてこのブログをUPすることは最後になるだろうと思う。長い間、私のブログに訪れていただいた多くの皆さんに感謝申し上げたい。そして、ブログの内容によっては、叱咤激励など色々なコメントを寄せていただいた皆さんにお礼を申しあげます。
近々、私のホームページもシンプルに模様替えし、近況報告など角度を変えて皆さんとお会いできることになると思う。
今までお与えいただいたご厚情を、今後も引き続きお与え頂き、一層のご指導を賜りますことをお願い致します。
皆様が、ご健康で県民のために、更なるご活躍されますことをご期待申し上げ、「トシミツタイムズ」ひとまずの幕引きといたします。
長い間ありがとうございました。

|

報告 

 13日 11’県議会議員選挙に残念ながら敗退した。敗れて思う反省は沢山あるが、「敗戦の将は、兵を語らない」の逸話の通り、自らの不徳を認めざるを得ない。私にご支援を頂いた皆さんや、期待を寄せていただいた皆さんに、その期待に応えられなかったことを心からお詫び申し上げたい。残念な気持ちには変りはないが、気持ちを入れ替え、立場を変えて地元の皆さんや、県民の皆さんのためにお役に立てられるよう努めていくつもりである。ご支援いただいた皆さんや、何かとご提言ご指導いただいた地元町村長の皆さん、8年間共に県民のために苦楽を共にして議論してきた県職員の皆さんに、心から感謝申し上げ、これからもご指導を賜ることをお願いするものである。
それにしても、今回の県議戦を振り返って改めて感じたことがいくつかある。私個人の問題は語るつもりはないが、議会全体を通して県民との乖離というか、議会活動、政務活動の伝え方の難しさを痛感している。

 今回、私も県民の皆さんのためになる議会改革を推進すると訴えてきたが、創志会のマニフェストにも地域の意見を聞く意見交換会を県内各地で開催するとしてきた。今までも「創志会と語ろう」や地域での県政報告会を開催しているが、これで満点という報告はできない。定例会の一般質問や代表質問、委員会の審査情況等はマスコミも取り上げるが、県議会議員の閉会中の議会棟や県庁での政務活動は、中々取り上げてもらえない。条例制定に向けた活動、個々の課題に向けた活動、現地調査や視察など、地元でできない活動はほとんどマスコミも取り上げていない。会議やイベントの挨拶要員だけでなく、実は、閉会中の活動のほうが多いのである。

 今回の選挙にあたっても、知事との関連(支持か不支持か)、議員の報酬・定数問題を大きく取り上げている。私は選挙になってパホーマンス的に県民受けするような言い方はするべきではないと主張してきたが、新人はともかく、現職議員は自分の政務活動に自信を持ってしかるべきと思う。地震による被災地の皆さん等への支援対策は別の次元で考えるべきである。報酬の額面のみを知らせれば、大方の県民は高すぎるというであろう。しかも、政務調査費は少なくとも創志会の議員は、飲食の伴う会での参加費や負担金は一切ゼロ申告で、人件費・資料代を除く政務活動費は全て二分の一の申告となっている。当然二分の一分の不足分は報酬内で賄っていることになる。問題は実質議員が使える金額はどれくらい残るのかである。閉会中何も活動をしないで、また、県庁内や議会棟の関係者と何の付き合いもしないで、自宅と必要のあるときだけ議会棟に出てくるだけであれば高すぎるといえるであろう。 大方の議員の実態は閉会中の政務活動は、まじめにハードな日程をこなしている。

 「敗戦の将・・・」で愚痴にとらわれるかもしれないが、地震に対する思いでの報酬削減を言うのであれば時限的に実施するべきであって、恒久的な削減は若い優秀な議員の進出を阻むことにつながる。また、自宅から議会棟に通える議員と遠距離からの議員とによっても意見が分かれることになると思う。報酬のことだけを語るつもりではないが、マスコミの取り上げ方には一考を促しておきたい。話を戻すが、閉会中の議会棟や県庁での政務活動は県民の皆さんに伝わりにくい面があるし、伝えにくい面もある。ともかく県民との交わり方、県政報告等の手法手段に欠落していたことは事実として認めざるを得ない。

 韓信が敗戦の将に意見を求めことに対し「敗戦の将は、兵を語らず」と李左車は固辞したとのことである。敗軍の将は謙虚で話さないことに徹するべきといわれている。つい、愚痴めいたことになってしまったが、これからの県議会において、これらの課題に向かわれる為にも、マスコミの扱いに対しても、この逸話では勝利の立場にある人は進んで「敗者に復活する機会を与え、その意見を求める」態度が必要ではないかとも解説されてあるように、問題の真髄は何かを考えた課題解決と報道の仕方を願うものである。

 たまたま、元同僚県議会議員の清水洋さんのブログにも、私にとっては大変大きな評価を頂く中で、同様な意見が掲載されていた。是非こちら(4月11日:県議戦の結果)もご覧いただきたい。

 

|