現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

トシミツタイムズの幕引き

報告 

 16日 選挙が終わって1週間になろうとしている。気持ちの整理が付いたような、付かないような、あっという間の1週間であった。ふと気がついたら我
が家のトイレの壁に、絵文字の日めくりカレンダー二枚が貼ってあった。正面のため否が応でも目に入る。(失礼)
「NEVER GIVE UP!!  あきらめず カベぶちやぶれ」 「自分の道を 道なき未知を みちあふれる 元気で えがおで すすんでゆこう」
 女房の仕業だなと直ぐ思った。そんなに沈んだ様子を見せたつもりはないが、温かい優しい心配り、気配りに感謝するばかりである。ともかく怯むことなく、自ら引きこもることなく前向きに表に出ることにしている。そのためか今、ずっと前から当たり前の生活をしているかのようでもある。違う点は、選挙前や期間中に届いた各総会の出席辞退を申し出たため、時間的余裕がすこぶるあることだ。

 私は、地域の多くの皆さんが寄せられたご要望など、お約束してきたことが果たしてどうなるのか。そのことが不安でもあり心配でもある。先送りしなければならない事項もあるが、それらは要望者も理解を示していただけるであろう。しかし、直ぐに支援をしてやりたい事項や、即刻、事業化し地域の皆さんの不安な生活を解消してあげたい事案もある。また、歯科保健推進計画の具現化、佐久地域の高校再編の問題、難聴者の生活改善のための手話通訳の問題、当選したら公に発表して取り組もうとした、企業誘致プロジェクト問題、数え上げれば切がないほど次から次へとでてくる。

 どうしようと考えるまでもなく、自分でできることは何か。現状では何もできない自分の歯がゆい情況に、ただただ情けなさより焦りさえも感じる。真剣に話し合ってきただけに、それらの要望等を実現するためにも、同僚であった議員にすがるしかないのか。ともかく自分でできる手段と、あらゆる手を差し伸べて少しでも応えられるように努力していくつもりである。落選したから、後は知りませんということにはならない。責任ある行動を続けていきたい。

 新しく選出された依田明善君は、周囲から聞くところによると、明るい青年だとのことである。政治的手腕は未知数であるが、地域の代表として頑張っていただきたい。その働き方によっては・・・・・。

 県会議員の立場としてこのブログをUPすることは最後になるだろうと思う。長い間、私のブログに訪れていただいた多くの皆さんに感謝申し上げたい。そして、ブログの内容によっては、叱咤激励など色々なコメントを寄せていただいた皆さんにお礼を申しあげます。
近々、私のホームページもシンプルに模様替えし、近況報告など角度を変えて皆さんとお会いできることになると思う。
今までお与えいただいたご厚情を、今後も引き続きお与え頂き、一層のご指導を賜りますことをお願い致します。
皆様が、ご健康で県民のために、更なるご活躍されますことをご期待申し上げ、「トシミツタイムズ」ひとまずの幕引きといたします。
長い間ありがとうございました。