現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

 シンプルな「としみつTime's」で再スタート

 26日 統一選挙も終わり新しい首長や議員が誕生しました。県議会も25日に新会派により議会の会派構成が決まりました。私もいち早く「長野県議会議員 髙見澤敏光ホームページ」から、「髙見澤敏光ホームページ」と模様替えをしました。当面は「としみつTime’s」のみで私の近況や私見をお知らせしたいと思っています。過去の県議会の活動等につきましては、後日リンクできるようにしたいと思っています。再スタートとなりました「としみつTime’s」は、ごくシンプルな形でスタートすることになりました。今後とも従前にましてご訪問をお待ちしております。

 今はあまり書きたくないのですが、県議選が終わって2週間、選挙期間中の色々な情況が耳に入ります。選挙期間中に伝わっていればと悔やまれる話ばかりですが、そうですかと聞き流すしかありません。下馬評で間違いないと言われる選挙の難しさを、教科書通りの結果であったと改めて感じさせられました。それにしても、県民の皆さんは何を基準に選挙に臨み投票しているのか、有権者の投票行動に合点がいかない、悶々とした心境が残るばかりです。

 県議会も私が所属していた創志会も名前が変り「県政ながの」となり、改選前の9人から6人での船出となりました。残念な気持ちには変わりはありませんが、長野県議会の大事な適切な判断を決める集団として、堂々と県議会の良識ある中間会派としての役割を果たしていただきたい。そして、スパイスの使いようによって料理のうまさがあがるように、ピリッとした辛さを随所に活用し、大勢に迎合することなく、県議会を引きたてて頂きたいと願うのみです。

 更に、県議会改革については、マスコミや一部の県民の時の声に惑わされないで、県民のためにつながる県議会改革を「県政ながの」から発信し続けていただきたい。このように常識ある行動は、実は一番大変で情報発信能力と行動力にあわせ、忍耐力が伴わなければなりません。「県政ながの」に大いに期待いたしております。

 これからも、「としみつTime’s」を、よろしくお願い致します。