現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

大きな意義ある一日

2011年05月21日_P1040085.jpg 2011年05月22日_RIMG0076.jpg  22日 今日は私が相談役を務めている会社の感謝祭に参加しお手伝いをした。~今私たちにできること~「チャリティーイベント」~佐久平から明るく元気に応援しよう!!~と、まさに、利益を度外した大感謝祭であった。このイベントでは、環境カウンセラーとしてテレビ出演もされている、宮原則子さんを講師に招き、午前には「我が家でできる省エネ節電術」、午後には「楽しく素敵にエコクッキング」と題してのセミナーと実践指導を実施した。宮原さんをお招きするに当たり、県議時代に一緒に勉強会などをしてきた県職員のお力をお借りした。宮原さんのお話や実践指導は、各お宅ですべてを実践すればかなりの省エネができると感じた。

 そのほか、あなたの思いを被災地に届けようと「大声コンテスト」を実施し、参加者はそれぞれ~がんばろう日本~などと声を張り上げていた。ちなみに優勝者は、横浜テーマパークにペアチケットをプレゼントした。また、チャリティーオークション大会では、19型ハイビジョンテレビやデジタルカメラなど、当社にご協力を頂いている卸先企業や協力会社、社長が懇意にさせていただいている仲間の人達にご協力をいただいたものである。オークションで得た金額全額を被災地へ日赤を通じて義援金として送らせて頂いた。

 企業として利益の追求もしなければならないことは当然であるが、今回は売りたくても売る商品が震災の影響で間に合わないものばかり、(当社の仕事は住宅設備・リフォーム業が主である)従って、企画をしていく段階で「せっかくなら楽しんでもらっちゃおう」と言う思いで、全社員・協力会社、関係卸先企業の皆さんのご協力を頂きながら実施の運びとなった。最初から展示会の催しでなく大感謝祭と腹をくくって行っただけに、当社の関係者は皆満足していた。

 企画の段階では、被災地や被災地周辺の風評被害を受けている農家を応援するために、風評被害を吹っ飛ばそうと被害農家の野菜を売ろうとしたが、風評被害もなくなり戻りつつあるとのことで急遽取り止めとなった。しかし、東北や関東、栄村の被災地の皆さんに、この佐久の地域からささやかながら元気を送ることができたことと、今後社員の皆さんの意識向上とともに、企業活動に良い影響が得られれば、今日の一日は大きな意義ある一日と言える。それぞれの皆さん本当にご苦労様でした。