現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

「お手柔らかにお願いします」との発言に・・・

 30日 昨日久しぶりに議会棟「県政ながの」の控え室を訪問した。つい3カ月ほど前は「創志会」の控え室だった。会派の人員が9人から6人になったため、控え室の面積が約半分になっていた。やはり寂しさと共に現実の厳しさを目の当たりにした。しかし、現職議員である旧友及び事務職員から、心温まる歓迎を受け感謝感激の気持ちでしばしお邪魔した。訪問した理由はいくつかあったが、ひとつには、議会事務局から要請のあった、県議時代の委員会議事録への署名、またJA厚生連の病院建設計画や、県の考え方などを担当課長から話を伺った。大変親切に説明を受けこれまた感謝で一杯である。

 丁度、6月定例会の一般質問2日目の本会議が行われていた。たまたま、私を破って当選した議員が質問する時間帯であったため、会派控え室のスピーカーから流れる質問のやり取りを聴くこととなった。質問の内容はともかく、「初めての質問ですので・・・」、ここまでは謙虚さがあって、プロローグとしては順当に滑り出したなと聞いていた。その直後「お手柔らかにお願いします」と発言されていた。いや~がっかりした。理事者側が言うのならまだ理解できるが、質問する議員が言う言葉ではない。新人だからと言って、仕方がないと片付けられる問題ではないと思う。決して悔しさの上でケチをつけているのではない。何事も与えられて職務に対し、何をしなければならないか、議員としての立ち振る舞いや言葉の選び方など、最低限度学び取り議場に臨むべきであると思うがいかがだろうか。

 夕方からは、お呼びをかけられたある会に参加した。懐かしさと共に会話の中にも大いに得ることがあり、私の新しい人生のページづくりに勇気を与えていただいく、有意義なひと時を過させていただいた。今後何回参加できるか分からないが、お呼びがかかれば参加し、色々学んでいきたいと思う。