現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事一覧ページ

  30日 今日は佐久市の佐久勤労者福祉センターで、先人たちが守り育んできた水資源を未来に引き継ぐために、「信州佐久の『水』を守るシンポジュウム」が開催された。会場を埋め尽くされるほど関心を高められたシンポジュウムとなった。会場には県会の委員会視察など大変忙しいスケジュールの中にもかかわらず、多くの県議会議員の皆さんも参加されていた。久しぶりにお行き会いした県議もおり、懐かしさと共に少し郷愁感がよみがえった。それはともかく、この佐久地域で飲用等に利用している水のほとんどは湧水と地下水が資源となっている。最近テレビ等でも取り上げられたが、外国資本等による森林買収がされており、その買収目的に日本の豊富な「水資源」の獲得にあるとされている。全国に先駆けて、この問題を取り上げ佐久から水資源を、守り保全していこうと行動を起こされたことに、佐久市長をはじめ広域市町村の首長ほか関係者に敬意を表したい。

 ㈱独立総合研究所代表取締役であり主席研究員でもある青山繁晴氏の基調講演、引き続き行われたパネルディスカッションのパネラーの皆さんの、講演や報告・発言等は、それぞれ現地に赴き現実を踏まえての話だけに、真実感と言うより改めて恐怖感ですら感じた。発言等の中にも触れておられたが、日本の土地取得のあり方や地権者の考え方等外国にはない独特の考え方をもっている。加えて、河川の水は河川法で定められ。河川からの水利用は管理者(国・県・市町村など)の許可が必要であり、法律で不適切な利用を防ぐことができている。

 地下水については地下水を汲み上げている土地所有者の管理となっている。そのために不適切な利用をされても法律に基づく統一的な仕組みになっていないため、周辺に悪影響を及ぼすほか大きな危険性が想定されることとなる。これらの課題を現地での報告を含めたリアルな内容で会が進められた。日本の山林は所有者が不明であったり、山林を守り育てていくことが困難な情況であることから、山林が安易に売買されやすい環境になっている。

 私が佐久水道企業団議会議員の時、当時林野庁が所有し企業団が管理している軽井沢町の水源を、林野庁も財政不如意の折売却する事となり民間企業が、水源周辺を取得するとの情報が入った。企業団は水源確保のため何とか確保したいと議会に取得のための予算案が上程された。議会は現地を調査し、民間に周辺の山林が渡った場合水源が汚染される可能性大であると判断し、無駄な買い物だとの意見もあったが当時億円以上の(正確の金額は忘れてしまった)売却予算を可決し水源周辺を守ってきた。旧南北佐久の地域に末端給水している佐久水道企業団では、そんな20年位前から「地域の水」を守ってきたことになる。現在の須田企業局長は当時の給水係りの頃だと思う。当時の関係者に感謝したい。

 当然、国が法の整備を急がなければならないが、遅々として進んでいない。そのために地下水が「公のもの」か「私のものか」を含め、明確にルールづくりをするために、先ずこの佐久から問題提起して、「水を守り育み、未来へ引き継ぐために」、地域の実情に即した独自な保全方針の策定を目指そうとスタートしたところである。短時間ではあったが内容の濃いシンポジュウムであったと思う。誰かが守ってくれるだろうでなく、私たちが自ら真剣に考え、早い段階で結論を出すべく努力していかなければならないと強く感じたシンポジュウムであった。

|

 29日 26日長野オリンピックスタジアムでの準決勝。わが母校、小諸商業高校の悲願の甲子園への夢も松商学園の伝統野球に勝てなかった。決して最初から勝てない相手ではなかったが、試合前のシートノックを見て今日はダメかもしれないと不安がよぎった。明らかに違いが分かったのだ。相手の松商学園の守備練習は、誰が見ても流れるように確実に基本どおり堅実に行われた。小諸商業と言えば、足が地についていないといった情況で、一生懸命やっているが捕球・送球それぞれミスの連発であった。伝統の違いかなと思わず思った。試合はわがチームが2点を先取し希望を持たせてくれたが、その裏に逆転され、ずるずると得点をかせねられ負けてしまった。

 逆転の要因は守ってはエラー、攻撃では走塁ミスなど攻守に安定感がなかった。シートノックの情況がそのまま両チームの結果に現れた感じであった。1~2年生が多い小諸商業ナインは最高の経験を積んだと思う。この悔しさを来年以降に生かしていただきたいと願うものである。応援には元高校球児として活躍した同窓会の皆さんをはじめ大勢スタンドを埋めてくれた。全国で活躍している同窓生や関係者は、スタンドで応援していた仲間と共に、47年ぶりのベスト4の活躍に満足したことと思う。秋の大会が楽しみである。

 

|

 22日 昨日、山梨県甲斐市に「まちづくり情報」を得るために出かけてきた。道中カーラジオで参議院予算委員会のやり取りを聞きながら車を走らせた。最初のうちは菅総理の答弁を聞き、また、「はぐらかせか」と思いながら進んだ。そのうち何故か「イラ菅」ならぬ、私自身がイライラしてどうしようもならなくなった。案の定予算委員会は中断、再開後もイライラが重なるばかりの答弁が続いた。質問者も質問の工夫が必要ではないかと思ったが、やはり明快な答えが引き出せなければ、次の質問に移れない事情も伺えた。大事な予算委員会で、このような誠意の無い答弁を繰り返すようでは、税金の無駄というより国民を愚弄していることにつながる。よく事故も起こさないで帰ってこられたと思った。考えてみたらスピードもいつもより出ておらず、逆に安全走行できたことは感謝しなければならないのか。それにしても誠意のない総理は早く退陣し、日本の国の立て直しを図ってもらいたいものである。

 「まちづくり情報」は、再生可能エネルギーのソーラー関係であったが、農業のハウスにも活用できるなど、幅広い利用が見込める内容であった。まだまだ精査していかなければならない課題もあるので、具体的にご紹介できないが、これからの産業・住宅・社会資本整備等を進める上にも大いに期待できる可能性はあると思う。いずれご紹介できるときもあるかもしれない。帰り際携帯電話が入った。福祉関係の話で相談したいとのことである。私に期待してくれているのかどうかは分からないが、当てにされるだけでも感謝しなければならないと思いつつ帰路についた。

 

|

  20日 18日のなでしこジャパンの優勝は見事だった。私も前日早めに休み、早朝からのテレビ観戦をした。もうだめかと思っても、最後まであきらめないで勝ち抜いた「なでしこイレブン」、いや控えにいた選手も含め「なでしこジャパン」に拍手を送りたい。優勝してからの歓喜の雄叫びは当然としても、全選手の振る舞いに奢りが見えず、とても清々しい光景であった。これぞ『大和なでしこ』の心を持った、力強い日本女子の底力を見せていただき誇りに思った。私たちの人生も山あり谷ありだが、なでしこジャパンの姿を見習って行きたいものであると感じた。

 この日は気分よく、何年ぶりかで母校・小諸商業高校の高校野球県大会予選の応援に行ってきた。失礼ながら、ここまで勝ち抜いてくるとは思っていなかったが、この日の穂高商業高校との戦いも攻守のバランスよく、気持ちのよい戦いぶりで、35年ぶりのベスト8に勝ち進むことができた。以前の監督には失礼かと思うが、今年から監督が変り、同じ高校生でありながら全く別のチームのように生まれ変わっている。やはり指導者の大切さを実感したところである。高校野球ならではのスピードときびきびした選手の動きに改めて感動した。なでしこジャパンから教えていただいた、粘りとあきらめない勝負感をもって勝ち進んでもらいたいものである。久しぶりに気分のよい一日を過すことができた。それぞれの皆さんに感謝・ありがとう。政府も国会も「指導者」について考え直し、なでしこジャパンや高校生を見習って欲しいものである。

|

 15日 菅内閣の各官僚は与党内や閣内で議論されていない、菅総理の具体性のない思いつき政策発言に翻弄されている。退陣表明した菅総理が次々と打ち出す幻の政策に、閣僚が総理の発言を打ち消すかのように、拡大解釈をしながら苦しい言い訳をしている。今日も総理が昨日の夕方に突然記者会見で将来原発無の社会を目指すと、脱原発政策を発表したことに対し、枝野官房長官は「脱原発依存とまで言っていない」と、総理の発言に対し打ち消しならぬ言い訳をする羽目になった。方向的には原発から緩やかに再生可能エネルギー等に移行は国民的課題でもある。しかし、その前に解決しなければならない課題が山積しているが、そのことをどうするのか。一例を挙げれば、原発技術輸出プロジェクトを進めている対象国の問題をはじめ、日本の電力確保の問題にあわせて、日本経済に及ぼす影響を最小限度に抑えるための施策を講じること等が先決ではないだろうか。

 退陣表明前の解決処理しなければならない法案や沖縄普天間・TPP問題・東北大震災の復興復旧計画・福島第一原発の事故処理などなど、一切未解決のまま自ら党内をまとめきれず、仕方なしに自ら退陣表明したと思ったら、中電浜岡原発廃止・再生エネルギー政策エネルギー基本計画の白紙・ストレステスト・脱原発・・・、菅総理としての内閣で実現可能は皆無である。ただ言うだけなら私たちでもできるが、このままでは日本の産業経済・国民生活に大きな影響がでることは必至だ。どうにかならないのか。一層のこと閣僚は言い訳などしないで、責任が持てないとして「辞任」したらどうだろうか。思い切った手段にでなければ、菅総理がやめる辞めないの問題云々より、日本の国そのものが破滅してしまう恐れもでてきている。

 西岡参議院議長も業を煮やして荒業に出ている。しかし、一時不再議問題はあまり拡大解釈していけば、将来国会だけでなく地方議会にも影響を及ぼし混乱を招く恐れがあるので、慎重に対処していただきたいものである。「空気が読めない」まさに菅総理そのものに該当する言葉である。そんなことを言っていられないだけに困ったものである。まだまだ幻の政策発表は続くと思われるが、いい加減にしてもらいたいものである。

|

 13日 最近、南佐久の郡内を回る機会が多い。県議時代や選挙中もかなり細かく郡内の道路を回ったつもりであるが、あまり気にも留めなかったが、住宅街から少し入り集落から次の集落との間の道路の両サイドに、鳥獣被害防止の防護策が続いているのに驚いた。自分が檻の中の道路を走っているような錯覚を起こす。鳥獣被害対策は勿論大切なことであるが、ここまで進入してきているのかと、改めて野生鳥獣の繁殖と行動範囲の拡大に脅威ですら感じる。少し山あいの中に入ると、もうどちらが柵の中なのか分からない状況である。野生鳥獣被害対策を訴えてきた私にとっても、その効果以前に異様な情景に驚きを強く感じた。

 農家の皆さんも林業に携る皆さんも、余分な労力と費用負担を余儀なくされている。しかも、農作業等に大きな影響を及ぼしている。現況ではやむを得ない緊急的措置であり、決して恒久的な措置ではない。今後一部の地域を除き後継者も心配されるだけに、恒久的対策を早急に打ち出さなければならないと感じた。自然保護団体の皆さんは色々と主張されるが、多くなった野生鳥獣の個体整理をしていかなければ大変なことになる。私たちが日常の生活を営む生活圏内まで脅かしているこの現況は、人間が野生鳥獣から住みなれた地域から押し出されてしまうことになりかねない。県も熱心に対策を講じておられるが、今こそ根本的に見直しを図る必要がありはしないか。現状は想像以上に深刻な状況であることを再認識するときと思う。

|

 9日 今週初めから長年の政治垢(?)ならぬ骨休みの旅をさせていただいた。昨日自宅に帰り新聞を手にして驚きと共に、何とも言えない複雑な気持ちになる自分を感じざるを得なかった。政務調査費関連記事で、私が所属していた「創志会」も対象例として掲載されていたからである。当時の会派幹事長として少し意見を述べさせていただくこととする。

 まずは県議選中の諸会議への交通費等の扱いは、指摘されたように慎重に扱わなければならない。4年前会派でもその当たり(選挙中の会議等の経費の取り扱い)を議論したはずである。原則、選挙活動費でもなく、また、政務調査費も活用しないほうが望ましいと結論を出したはずである。その経緯からして今回の結果は残念である。事務局職員の人件費については全く問題ないと考える、光成弁護士は、「帳簿を毎日つけていれば、翌月にまとめて処理する必要はないのでは」と提言する傍ら、「政務調査費の帳簿付けに充てるとすれば、やむを得ないのではないか」と理解も示している。(いずれも信毎から引用) この時期に宿泊の伴う会派の会議は理解いただけないのではないか。友党的な会派であるだけに残念である。

 指摘したオンブズマンは、「会計処理自体は調査研究活動とは言えない」としているが、何事も調査活動のみならず、すべての活動を行うにも経費はかかる。その一部に事務処理(会計も含む)の費用は少なからず必要になってくる。光成弁護士のやむを得ないとすることが順当な判断であると思う。ただ、光成弁護士が言う「翌月にまとめて処理する必要はないのでは」との意見には無理がある。再選してくる場合は継続となるので、会計処理の仕方によっては弁護士が言われるような処理も可能である。しかし、選挙に落選あるいは勇退した場合は、電話料・電気料など調査費の支払領収書の発行が月をまたぐ場合も多い。これらを正確に精算する場合は翌月の処理となるのは必然である。単なる通常の企業会計の発想で政務調査費の処理を論ずることはいかがであろうか。企業会計でも決算の場合は、税務署等への報告など公式発表や、県及び市町村などの行政団体の会計も同様に決算月から猶予があり、決算報告がなされている。

 通常月の会議等への政務調査費の充当については議論を要する課題でもある。現職中は中々言いにくかったが、県議会議員と言うことで、主催者側として敬意を払っていただいたり、色々と現況の把握と改善を求めるために、この機会を捉えて諸般の情報交換をしたり、などなどの思いをもって招待状を出されていることと思う。議員側としても、高橋議員が弁述しているように、入学式や各種総会に参加して、単なる〇〇議員としての売名行為で参加する議員は少ないと思う。

 むしろ、新入生や卒業生を心から歓迎したり、送別の意を送りたいなど、義務感を持って参加していると思う。理事者側は運転手つきの公用車で参加されている。これもいけないとは言わないが、主催者側も参加する理事者側も恐らく議員に対する思いや、議員が意を持って参加する思いと同じであると思う。公費を使うと言うことからして、どちらも甲乙つけられないではないか。議員は交通費などの経費を計上の際は、実費の二分の一のみを政務調査費に充てるのみである。(議員は思っていないが、議員以外の活動が含まれると言う想定からである。)したがって、入学式・卒業式・各種総会の政務調査費からの支出云々を指摘することは適切でないと思う。それをどうしても指摘されたいならば、主催者側の招待する思いなどの意見も聞く必要がある。日本の文化として招待されてすべて無視することは叶わないことである。これは私がいつも主張してきたことでもある。

 この報道は「県会政務調査費に疑問」と三段抜きで3ページのトップ記事として掲載する内容であるのだろうかと疑問を持つ。公費としての政務調査費の使い方であるだけに、慎重にも慎重に支出するべきと警鐘を投げかけることは大いに必要なことではある。私は安易に議員報酬の削減や、政務調査費の削減、不要論を述べる議員こそ、その真意を疑うものである。本当に県民の皆さんのために働くとなれば、すべて議員報酬を投げ打ってボランティアで務めることができるのだろうか。中には極々少数議員は可能な人もいるかもしれないが、4年間全うできることは困難であると思う。

 報道機関は、確実に誰が見ても法的に違反しているとする事実でない場合は、いたずらに、煽るような報道は慎むべきである。報道の仕方によっては報道機関の「記事」によって、県民・国民を間違った方向に誘導をしてしまう恐れがあるからである。これらは過去に何回となく経験していることでもあり、誘導された県民・国民はその本筋が理解されても、元に戻るまでには相当な期間が必要となる。現在の政権なども典型的な実例であろう。売れる報道でなく真実を伝える報道を願いたいものである。

 

|

 2日 止めると言った菅総理大臣が、何故かやる気を見せる姿勢を見せている。異常な情況である。今まで野党第一党の自民党の国会対策に文句を言ってきた私だが、菅総理のリーダーシップと政権運営にもクレームをつけてきた。しかし、これほど無能で国民を、被災者を馬鹿にしたやり方はない。意欲があるのであれば、まず政権与党内で「一定のめどが付いたら、次に引き継ぐ・・・」などと、嘯かないで「どうしても責任を全うしたい」と説得すればよかった。それもできない、与党内もまとめきれない、思いつきで政策を打ち出す。あきれて形容する言葉も出てこない。

 自民党もようやく国民の声が分かりつつあるようだ。今となってはやや遅いが、大震災の復興関係施策は速やかに協力しようとしている。党内でも色々と異なる意見を持つ議員もいるかもしれないが、ここは一致団結して復興計画を現実のもとして執行できる段階にして欲しいものである。政局はそれからでも遅くない。支持率が上がらない現状だからこそ、なりふり構わず現状の課題を処理することが、国民の理解を得ることにつながると思う。今は日本全体が秋には良くなるだろうとの観測だけを「希望材料」で、忍耐強く我慢していることを忘れないで欲しい。

 本県も6月定例会一般質問が終了した。全体を見て「震災関連」の質問が多かった。当然のこととして県民は受け止めていると思う。しかし、被災地の復興支援は当然迅速に行わなければならないことであるが、一方でやや質問的に不足していると思われることは、震災によって影響を受けた県内経済落ち込みの改善を、どう県は取り組むべきかである。融資制度の増枠・緩和を行うことは必要であるが、県内においても既に借り入れをしている企業が、新たに借り入れして乗り切れる企業がどのくらいあるだろうか。二重ローンならぬ、二重・三重借り入れが困難な企業が多いはずである。その点にメスをいれ支援の手を向けるか、抜本的な経済回復施策をしなければ、今後倒産企業も多くなるのではないだろうか。来週から始まる委員会の審査に期待したいものである。

 来週の私は、長年苦労をかけてきた妻と共に、一週間旅をすることにした。妻も疲れを癒していただき、私も心身をリフレッシュして、今までの歩みを少し振り返りながら、今後の人生行路に誤りもなくお役立てできる道を模索したいと思っている。今、パソコンを持っていこうか迷っているが、多分、「家に忘れてしまった」ということになるだろうと思う。

|