現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

日本の救世主はいるのか

  27日 国民がどこにいても等しく生活が営むことができるために、暮らし経済を始めすべてを託し国政に代表を送り出している。その国会議員に関わるニュースは毎日テレビ・新聞等で知ることができる。その報道は県議会議員としての経験からしてもほんの一握りだけである。今日本に課せられている課題は山積している。大震災の復旧復興、東電の原発事故の収拾と電源の供給問題、デフレの中の経済対策、日本の財政問題、挙げ始めれば切がないほど出てくる。しかも、どの課題をとっても長年議論の対象にしてきたが何一つ解決していない。マスコミに取り上げられていない部分で、各委員会等で熱心に審議されていることと思われるが、解決の糸口ですら見えてきていない。本当にこれでよいのだろうか。

 野田総理が外交デビューをして、無難にこなしたと言われるが、諸外国から見る日本は既に過去の経済大国としてのリーダーと思われていない。小さな領土の日本国の周囲は、中国・韓国・ロシアなどが日本の領域を、堂々と表面から脅かしている。民主党政権の野田総理の誕生に国民は最後の期待をしていたはずである。まだスタートしたばかりでその手腕は計り知れないが見つめざるを得ない情況である。このように国内外に多くの問題を抱えているのに、日本の国会はそれらを知ってか知らないか(当然知り尽くされていると思うが)、小沢問題一つも解決できない。

 時の国政を担当する政権与党が日本の政治をリードできない時は、野党第1党が政権を担当し日本の窮状を救っていくと言う2大政党制、そうであったはずである。民主党政権の現状は衆知のとおりであるが、次の政権を担うべき野党第1党の自民党も、全く現状の日本の情況や国民の生活経済を本当に考えているのかと疑わしい。確かに一部の役員は政策を訴え少なからず国民の期待に応えようとしているが、自民党も人事問題で揺れ動いている。その人事問題も国民不在の党内派閥をむき出しにしているだけである。これでは国民は次こそ自民党に再度政権を託して日本を立て直してもらおうと言う気持ちにはなれない。派閥の領袖たちこそそう入れ替えして、国民のための本来の政治を取り戻していただきたいものである。

 今は、民主党も自民党も挙国一致の精神で現状を乗り切るべきときと思う。外野でただ「たわごと」を言ってるだけでなせけなく思うが、本当の救世主の登場を期待したい。