現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事一覧ページ

  27日 朝の新聞・テレビで「長野県佐久市の野生キノコからセシウム検出」のニュースが全国に流された。秋のキノコとりは田舎の人達にとっては楽しみの風物詩である。今年は特に天候不順によりキノコは例年になく採れない。それでも山に登り少し出ている食用キノコを採り、晩酌のつまみや煮込みうどんに入れ、秋の味覚を楽しんでいる。それだけに、今朝のニュースの取り扱いはショッキングな出来事となった。

 「長野県は26日、同県佐久市の山中で24日採取された野生キノコ「チャナメツムタケ」から、国の暫定規制値(1キロ・グラム当たり500ベクレル)を超える1320ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。」更に、「県は、同市と隣接4市町に野生キノコの採取や出荷、摂取の自粛を呼びかけている。」と言うニュース内容である。数字を見る限り約3倍の数値で驚きである。

 私も妻に誘われ先週の日曜日にご近所の人達とキノコ採りに出かけた。ニュースにあった「チャナメツムタケ」も採り、早速夕飯で美味しくいただいた。山の幸だけに、この次いつこの美味しい「チャナメツムタケ」を採れるか分からないだけに十分味わいながら食べたものである。ニュースを見て疑問に思ったことは、「暫定規制値」と「ベクレル」と言う言葉の意味と、一般的な危険的理解度と言いうか解釈である。ネットで調べてみた。

暫定規制値とは
 放射性物質を含む食品などについて、日本人の平均的な摂取量を1年間、毎日食べ続けたとしても、健康に害が出ることがないとされる放射線量の数値。食品衛生法に、食品の放射能汚染を規制する基準がないため、厚生労働省は、原子力安全委員会が策定していた「飲食物摂取制限に関する指標」を暫定的な規制値として採用した。ただ、食品安全委員会は恒久的な規制値の策定について今後検討が必要としている。

ベクレルとは
 1秒間に放射線を出して崩壊する放射性物質の数。土壌や食物、水などに含まれる放射性物質の量を調べる時などに使う。

 ますます分からなくなってきた。「野生キノコの採取や出荷、摂取の自粛」と呼びかけているが、採取するキノコの量や食する量は微々たるものである。しかも、毎日は食べるだけの野生キノコの量は限られている。どれだけ食べれば危険なのか。ゆでて大根オロシと食べるのは3~4本、煮込みうどんに入れるキノコは20本くらいかである。しかもキノコのシーズンに食べることができても2~3回である。これでも体に危険が迫ると言うのだろうか。きちんと説明して頂かないとただ混乱するのみである。

 行政の立場からしてみれば、少しでも危険と思われることは、事前に注意を促さなければならないことは理解できる。また、危険情報は発してもらわなければならない。ただ日常生活を営む上で、放射性物質・放射線量など、人が受けて影響する値を、もっと国民に分かりやすく正確に知らせるべきである。国が示す情報発信情況によれば、私達は日本の国のどこで生活をすればよいのか、何を食すればよいのか迷ってしまう。国民は一層不安に陥るばかりである。

 楽しみに待っていた秋の味覚である「野生キノコ」、ここまでは大丈夫だと言う情報発信はやはり無理のことだろうか。長野県の長い冬が過ぎれば「春の山菜取り」のシーズンになる。同じ繰り返しとならないよう、食しても危険性がないとする許容値を早く見出し、日本の文化でもある春夏秋冬の「山の幸」の採取と、山の味覚を味わえるよう望みたいが、放射能に無知な私たちにも納得いくような見解を示していただきたいと願いたいが、やはり我が儘な言い分だろうか。

 

|

   22日 10月に入り色々なイベントが開催され参加した。つい「としみつタイムズ」がおろそかになってしまった。この間にこのブログに訪れてくれた皆さんにお詫び申し上げたい。

 橋本大阪府知事が遂に知事を辞任し大阪市長選挙に挑戦すると正式に発表された。6日に考えを述べたばかりであるが非常に危険きわまる行為であり、地方自治ガバナンスの根幹を問われる行為であると思う。橋本知事は民主主義のルールに則って市民の判断を仰ぎ「大阪都構想」を実現すると言う。それも確かに間違ってはいないが、平松大阪市長の言う「何でもかんでも実現するために手法手段も考えない強引なやり方は、むしろ民主政治を損なう」と言われているのも理にかなっていると思う。

 私はルール的に合法的であっても、大阪府のガバナーとして大阪府民、大阪市民、堺市民、多くの広域自治体関係者に、地道に理解を求める努力が必要であると考える。それだけ地方自治の制度を改革する上で重要な事案だからである。「大阪都」への改革構想は決してすべて否定するものでなく、むしろもっと議論を深めるべき点もあるだけに残念である。大阪市民がどう判断されるか注目したい。現況では注目するしかすべがない。

 国ではようやく選挙制度改正に向けて動きが見え始めた。最高裁は現況においての選挙制度を違憲との判断を下した。いわゆる「一票の格差」問題である。私は最高裁の判断に疑問を持つ一人である。確かに人口集中都県と過疎化が進む県において当選者の得票数は違いが明確であることは理解できる。しかし、本当に人口と得票率だけで機械的に判断してよいのだろうか。私は些か腑に落ちないところである。

 人口が少ない地方は、人口減少問題は深刻である。地方では自然的減少もあるが、都会地に学び職を求める若者の流出などの社会的減少も忘れてはならない。その若者の大多数は、地方に戻りたくも働く場所もなく、やむを得ず都会地に生活の基盤を置かざるを得ないのである。地方では老いた親など高齢者が多くなり、その高齢者の医療・介護・福祉など国も制度的に分担しているが、地方は財政負担にあわせて人的負担もおろそかではない。地方に住む人達は、そのことが地方で生活する者として当然の義務と、現実をあきらめでなく、前向きに捉えている者も少なくない。そればかりではなく、水環境をはじめとする生活の基や、CO2環境などと、都会地の生活や企業活動に貢献している地方の懸命な努力も忘れてはならない。政治家も地方出身者といいながらも多くは都会に居を構えている政治家も多い。本当に地方の実態を把握して政治が進められていかれるのか心配である。

 私はある程度の「一票の格差」はやむを得ないと思う。過疎が進む地方を知り共に歩める政治家こそ必要になる時代を迎えていると思う。都会と違って、広い選挙区の地域と自然を真剣に考えてくれる国会議員も必要ではないだろうか。「一票の格差」問題を前提に考えれば、おのずと地方から選出される国会議員は少なくなることは必至である。いや、人口集中都県の議員は増加の一途ととなり、人口減少が続く県はゼロになる可能性も出てくる。選挙制度を議論する場合、広い地域も考慮した議論をしていただきたいものである。このことは、長野県を含む地方の県議会の選挙制度を論じる際も同じことが言えると思うが、いかがだろうか。

 更に気になることは、選挙制度を審議しようとする国会の各委員は「我が党重視」の発言が多い。政党政治下において政党の拡大と維持を考えれば分からないわけでもないが、ここはわが身でなく国民本位の原点に戻って議論していただきたいものである。

|

 6日 橋本徹大阪知事が府知事を辞任し大阪市長選挙に出馬するとのことである。気でも狂ったのか。正常であるとするならば恐ろしいことである。地方自治体の長が自分の構想を実現するために、手法手段も選ばずなりふり構わず実現に向けて強権政治を執行すると言うことだ。まるで、ロシアのエリツインが大統領を任期でやめモスクワ市長に就任、今度は再び現職大統領の任期が切れると同時に大統領選挙に臨むという。権利を独り占めしていることにならないか。橋本知事が推し進めようとする大阪都構想も一理はある。だからこそ、強引に進めるのでなく、もっと市民に府民に分かりやすく粘り強く説明し進めるべきではないか。

 以前にも考えを述べたが議会もおかしい。首長の誤りをチェックし正道政治に修正させるのも議会の役割であるはずだ。それが選挙で当選したいがために、時の知事の人気にあやかろうと、知事が立ち上げた地域政党「大阪維新の会」に所属して行動を共にしている。橋本知事の府政に対しフリーの立場で、協力するべきことは協力し、行き過ぎや誤った府政に対しては毅然として「ノー」と言える環境を作っておかなければいけないと思う。そんな危険集団にブレーキもアクセルもハンドルも燃料もすべて持たせてしまった大阪府民にも責任がある。このようなことがまかり通れば、日本の地方政治は崩壊の道をたどることになる。そのことに気がつき修正するには何十年の年月が必要になる。大阪だけの問題でないだけに、もし危機感を発揚され反省ができるならば、いや、反省していただき、しかるべき選挙において府民の冷静な判断を下すことを期待したい。

|

  5日 1~2日と小諸商業高校同窓会の県外支部の総会に出席してきた。1日は午後1時半から大阪で関西浅間会、その日の午後6時から三島で静岡浅間会、2日午後1時半から東京浅間会と三支部を訪問した。本校が商業高校の基幹校としてその責任ある役割を、校長以下教職員が十分果たしていること。本校の卒業生の就職率が生徒の努力もあるが、学校の適切な指導もあって県下でもトップクラスであること。その影で支援していただいている全国各地で堅実な成果を出して活躍されている同窓生の力も大きな貢献をいただいている所以だ。などと報告と感謝の意をお伝えしてきた。

 今年の小諸商業高校のクラブ活動ではサッカーと野球において例年になくその名を高めてくれた。驚いたことは各支部の同窓会総会で、今年の夏甲子園出場にむけて受け入れ態勢を真剣に考えていたとのことであった。どこの支部も野球については、かつて選手であった先輩諸氏なども多数参加されており、既に甲子園出場が決定したかのような盛り上がりであった。母校を思う心はどこにいても変りはないと嬉しく思った。

 それにしても、本校の野球部諸君は重い期待を背負って来春を迎えることになるが、シーズンオフにはしっかり心技を磨き同窓生の期待に応えていただきたいものである。サッカー部も正月の全国高校サッカー選手権に向けて県内で予選会が始まっている。正月には全国に小諸商業高校サッカー部の名を知らしめるべき頑張っていただきたいと思う。

|