現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

日本の政治はどうなるの

 28日 大阪で新しい府知事と市長が誕生した。私は好ましい結果とは思えないが大阪市民、大阪府民は「大阪維新の会」が掲げた先が良く見えないが、「大阪都構想」に心が惹かれたのだと思う。経済ばかりでなく政治を含めて閉塞感が漂う中で、行政全般にわたり閉塞感を打開したい思いにつながったのではないか。そのことが、大阪都構想が行政刷新、行政改革につながる方法の早道と考えたものと思う。ただ、教育行政のあり方など、今回維新の会が訴えた改革案などを、どこまで理解していたのか。よく理解したうえで投票行動をしたのかは疑問である。それだけに松井府知事、橋下市長は共に政治が市政・府政を変えなければならないといっているからには、強引な手法でなく丁寧に府民・市民・社会に説明していくことが求められるのではないか。長野県でもかつて同じような経験をしているだけに先行きが不安である。

 今回の結果を見て改めて感じたことは選挙である。選挙は時の民意を的確に表すといわれるがそうであろうか。前述の通り選挙民が候補者の訴えをどこまで知り尽くし理解されているか。その訴えが将来市民生活にどう影響してくるのだろうか。それら等がしっかり把握され理解された上で投票されることが望ましいのだが・・・。今回の結果を見ても従来からの組織選挙のあり方も問われそうである。市民の中から自主的に生まれた支援組織が、選挙区全体に組織づくりができていけば組織としての選挙は戦える。ただ、〇〇協会・□□連合会・△△団体からの推薦を得た組織選挙は、一部では一生懸命活動をしていただけるが、ほとんどはトップレベルだけが承知していて末端会員まで浸透されていないのが実態ではないか。今回の選挙結果を見ても明らかに組織選挙が浸透していればこのような結果にはならなかったと思う。

 政党も同じである。公明党は自主投票であったが、自民党も民主党も党としては推薦したといっても、結果を見れば約半数は推薦していない候補に投票している。無理もない、現場の大阪で自民党県議団や民主党県議団と大阪維新の会と意見が分かれているというのに、選挙が始まる前から「大阪維新の会」と国政レベルで今後協力していきたい等と幹事長クラスが言明している。党の綱領、政策等がどのように整合されるのか、それらの基本的な課題は一切触れないでどうして手を組めるといえるのか。

 次の総選挙で大阪維新の会で候補者を立ててくるといわれ恐れをなしているのか。これでは国民のための政党政治でなく、わが身保全のための私党政治ではないか。選挙結果を見て、ほとんどの国政政党の首脳は大阪維新の会と選挙協力をしたい旨の声明を発表している。時の橋下旋風に巻き込まれ橋下構想を丸のみすると言うことか、理性も政治的理念も関係ない無責任な政党政治の現状は、まったく情けない上に危険極まりない日本の政治を呈している。やはり日本のため・日本国民のための政策に立った、ゆるぎない政党として自信を持って政策を柱とした政治をつかさどって欲しい。もっと文句を言いたいが愚痴めいて、きわどい文言が飛び出てきそうなので、この辺で留めるが日本の政治はどうなるのだろうか。