現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事一覧ページ

 23日 各政党の大会が開催されている。特に現政権に代わる責任野党の立場である自民党、全国幹事長会議、大会とも今まであまり聴くことのなかった現実論的意見が出ていた。私は以前からこのブログでも持論を述べてきたが、現在の自民党の執行部は国民から乖離している。ただ自分のあるいは政党の延命策としか感じられない発言に終始しているからである。現政権である民主党のここが間違っている。自民党ならこのように改善し、国民のため将来あるべき日本を再生するためにこうする。と言う具体的政策が全くない。一部の幹部は時々発言されているが、党内議論として丁々発止議論を展開し、それらをまとめ上げ国民に見える政策と方針を示すべきである。各県の幹事長からの意見を苦情として受け止めるのでなく、国民の声として受け止めるべきと思う。

 また、解散総選挙だけ声高に主張するのでなく、選挙の結果政権奪還を与えられた暁にはこのように変るんだ、と言う現政権との違いを明確にし解散総選挙を訴えるべきである。今の国民の選挙に対する行動は50年体制時の考えと異にしている。組織・支持団体の数ではない、そのことに感じているのかいないのか分からないが、その場限りの都合の良い(自派に有利であれば何でも受け入れる)メッセージを送り続けては、腹のそこを見抜かれ次第に国民は離れていってしまう。二大政党下の責任ある野党第一党の政党として、国民に責任あるメッセージと行動を示していただきたいものである。

 現政権の民主党も、民主党内ばかりか閣内においても統一されていない政策を法案として提出しようとしている。ねじれ国会の中でなくても国民を惑わせ、国会の混乱を招くなど無責任と言わざるを得ない。しかも直前の選挙のマニフェストに記載のない、国民に約束していないことを強引にやろうとしている。逆に国民に約束してきたことは反故にするなど、民主党も責任ある政権を司っているとはいえない。例えマニフェストと異なった政策を遂行せざるを得なくなったとしても、説明がなかったり曖昧のまま遂行しようとすることは国民を愚弄していることになる。

 責任ある政党がただ己の政権を欲しいだけの、その場限りの政治は国民の政治離れに一層拍車をかけることになる。震災復興・危機的国家財政・社会保障と税の一体化・企業の国外離散・人口減少と教育、国会と行政改革、今国が抱えている多くの課題をこれ以上先送りは許されない。「大阪維新の会」が注目されるのは、このような責任ある既成政党の体たらくに有権者は警鐘を鳴らしていることに気づかなければならない。逆に自分の責任回避の政治に気づかないばかりか、その「大阪維新の会」に問答無用の意味不明のラブコールを送ろうとしている。国家・国民のためでなく自分のための政治に気づき、早く目を覚ましていただきたいものである。

|

 22日 先日の「地域の絆と元気な郷づくり」の企画案を紹介したところ、多くの皆さんからアドバイスや激励など頂き勇気づけられました。まだ素案であったため多少文言等変わっているが、皆さんのご意見を取り入れながら成果が上がり持続可能な事業内容にしていきたいと思っている。ご意見をいただいた中で「高齢者の定義について」見直す必要があるのではないかとご指摘をいただいた。確かに高齢者とは何歳からが妥当なのか、通常、老人福祉法上から65歳以上を高齢者(老人)としているが、健康面・労働情況面・日常活動面等々高齢者のライフ生活面から見ても思いは複雑なところがある。今回はその変については深く掘り下げないで、体の痛みを持つ人の改善に先ず力を注いで見たい。

  ご意見をいただいた中から、なるほどと思われる考え方があったのでご紹介したい。いくつかご意見をいただいた中の一部分である。


3  大事なのは、高齢者がいつまでも元気で働けるように健康管理をして、要援助要介護の人を社会的に少なくすることです。前者は社会を支え、後者は社会に依存します。健康保険がない米国においては、寝たきりになった場合の経済的リスクは本人が負担することになります。すなわち、寝たきりになると自らの懐から莫大なマネーが出ていくことになります。米国では、寝たきりの期間を減らすために、コホート分析を用いて、調査が行われました。
 次のことを行えば、寝たきりになる期間を圧倒的に、すなわち半分まで減らせるそうです。
① 規則正しい生活を送り、十分な睡眠をとる。
② 腹七分目の良質な食事を摂る。
③ スポーツ(有酸素運動)をする。(脈拍120程度の全身運動を、40歳代ならば1週間に170分、50歳代ならば110分程度。)
④ ストレスを撲滅する。
 上記のことは、若い年代からする必要がある。40代までに始めれば、なんとか間に合う。

 転ぶ前の杖ではないが、この例も歳を重ねても元気で暮せるための有効な手法だ。自分の体を守ることは自分であるが、当たり前のことを繰り返し日常の生活の中の習慣として実践することが当たり前の健康手段であることを、先ず自覚することが大切な要件だと思う。ともかく元気付けられたので一生懸命努力してみたい。

|

 正月の初めは温かさを感じた日が多かったが、この週間は本当に寒い日が続いた。まさに、凍みる(しみる)という佐久地方で使う言葉がぴったりの寒さである。当然ながら水周りが凍結してパンク、水やお湯が出ないと言った修理依頼が多くなる。私の息子が経営している会社は水道・リフォーム設備業のため、日によって十数件もの修理依頼が来る。相談役としてお手伝いをしているが、直ぐに来てくださいと言うお客さんのご要望に、私も駆り出され出動することが多くなった。寒い現場の調査点検・修理は非常に辛いところがあるが、困っている人のお宅で、困っているトラブルを解消させ「あ~、助かった。ありがとう」と、直接お客様の喜びを肌で感じることは大きな楽しみである。今、困っていることを解消することができたと言う達成感と共に喜びを得ることができる。現場だからこそ味わえる喜びである。

 今年、私が目標にしている一つに、「地域の絆と元気な郷づくり」プロジェクトの立ち上げである。農村地帯である佐久地域の住民の皆さんのほとんどが腰痛に悩まされている。団塊の世代もシニアに参加してきているが、同様に体の痛みに苦しんでいる人が多い。自分の体に痛みがあれば必然的に日常の動きも鈍くなり、働く喜びや生きがいを見出せなくなってくる。人口減少・高齢化社会を迎えた地方にとっては、高齢者が元気を失うことによって、伝統ある農業技術の正しい継承、日本の経済成長下に培ってきた優れた工作技術(ものづくり技術)の継承、元気を失うことで地域のまつりや文化活動の伝承などが途絶えてしまうことになる。

 私がかつて腰痛に悩まされ、与えられた議員活動ですら危ぶまれたときがあった。現在は完全に改善し、形こそ違えるが「人様の喜び」を提供できる体に戻ったのである。健康であるがゆえに様々な活動に参加もできる。このことを多くの人に味わっていただきたい。元気な郷づくりによって地域全体の元気を取り戻したい。そのために一人でも多くの「健康づくりリーダー」を発掘養成し、元気な郷づくりの基礎となる応援隊をつくることが私の今年の目標の一つである。現在、県の「地域発 元気づくり支援金」の対象事業となれればと、実行委員会を立ち上げ準備を始めたところである。果たしてどうなるか分からないが、例え対象外事業となっても元気な郷づくりに努力したいと思っている。

 未完成であるが「地域の絆と元気な郷づくり」プロジェクト案である。お読み頂き、是非、色々とご意見・ご指導を願いたいものである。 (こちら)

|

2011年12月30日_P1040642.jpg

  佐久穂町の茂来山の初日の出(ちょっと日が出過ぎました)

 新年おめでとうございます。
飯山・栄村では大雪が続き18年豪雪災害と匹敵する積雪とのことで心配されるが、私の地域は朝晩の凍みは厳しいが、日中は例年になく雪も降らず暖かい正月であった。孫たちに囲まれ賑やかな正月もあっという間に3日が過ぎてしまった。今日は久しぶりに雪が降り沢山積もらないが、午後に3回雪掃きをした。合間に多くの皆さんから届いた年賀状から窺える、それぞれの生活の様子を思い浮かべながらひと時を過した。中には折角出したが住所の変更などで戻ってきた年賀状を見ながら、この人には届いて欲しかったなと思いながらも、どうしようもない年賀状をただ恨めしく処理をするしかなかった。

 日本の政治経済も2012年の明るい展望を期待されながらスタートした。しかし、本日の野田総理の年頭記者会見をテレビで見たが、総理のやろうとする「社会保障と税の一帯改革」も理解できないわけではないが、現実的には実現できる環境でなく、民主党政権のちぐはぐな政権運営により、またまた政局となる不安な一年の幕開けとなった。早く安定した政治になって欲しいと願うのは私だけではないと思う。

 政治の混乱は永田町だけで済まされる問題ではない。東北の震災復興と共に今の日本経済を早く立て直さないと、企業と共に国民生活にも大きく影響が出てくる。日本経済は企業側の努力で、ある程度回復はできるであろう。国は将来を見越した財政・金融面の建て直しを真剣に行われなければ、企業が努力しても国民が辛抱しても国の政策によって日本国が崩壊してしまう恐れがある。経済界のアンケート結果を見ても議員の資質が問われていたが、国民の大多数もそう感じていると思う。国会議員の先生方も一年のスタートと共に目を覚ましていただきたいものである。

 私のこの一年の目標は「原点回帰」を大きな目標としたい。私の生活・活動・仕事・考え方など、狂ったリズムを戻すためにも、もう一度原点に戻り倫理の真髄に学び、心と人生のリズムを取り戻したい。そのために、一つ一つの出会いを大切に、多くの出会いの中から「原点」を学び得ていきたい。
本年もよろしくご指導のほどをお願い致します。

 

|