現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

国民のための責任ある政治を

 23日 各政党の大会が開催されている。特に現政権に代わる責任野党の立場である自民党、全国幹事長会議、大会とも今まであまり聴くことのなかった現実論的意見が出ていた。私は以前からこのブログでも持論を述べてきたが、現在の自民党の執行部は国民から乖離している。ただ自分のあるいは政党の延命策としか感じられない発言に終始しているからである。現政権である民主党のここが間違っている。自民党ならこのように改善し、国民のため将来あるべき日本を再生するためにこうする。と言う具体的政策が全くない。一部の幹部は時々発言されているが、党内議論として丁々発止議論を展開し、それらをまとめ上げ国民に見える政策と方針を示すべきである。各県の幹事長からの意見を苦情として受け止めるのでなく、国民の声として受け止めるべきと思う。

 また、解散総選挙だけ声高に主張するのでなく、選挙の結果政権奪還を与えられた暁にはこのように変るんだ、と言う現政権との違いを明確にし解散総選挙を訴えるべきである。今の国民の選挙に対する行動は50年体制時の考えと異にしている。組織・支持団体の数ではない、そのことに感じているのかいないのか分からないが、その場限りの都合の良い(自派に有利であれば何でも受け入れる)メッセージを送り続けては、腹のそこを見抜かれ次第に国民は離れていってしまう。二大政党下の責任ある野党第一党の政党として、国民に責任あるメッセージと行動を示していただきたいものである。

 現政権の民主党も、民主党内ばかりか閣内においても統一されていない政策を法案として提出しようとしている。ねじれ国会の中でなくても国民を惑わせ、国会の混乱を招くなど無責任と言わざるを得ない。しかも直前の選挙のマニフェストに記載のない、国民に約束していないことを強引にやろうとしている。逆に国民に約束してきたことは反故にするなど、民主党も責任ある政権を司っているとはいえない。例えマニフェストと異なった政策を遂行せざるを得なくなったとしても、説明がなかったり曖昧のまま遂行しようとすることは国民を愚弄していることになる。

 責任ある政党がただ己の政権を欲しいだけの、その場限りの政治は国民の政治離れに一層拍車をかけることになる。震災復興・危機的国家財政・社会保障と税の一体化・企業の国外離散・人口減少と教育、国会と行政改革、今国が抱えている多くの課題をこれ以上先送りは許されない。「大阪維新の会」が注目されるのは、このような責任ある既成政党の体たらくに有権者は警鐘を鳴らしていることに気づかなければならない。逆に自分の責任回避の政治に気づかないばかりか、その「大阪維新の会」に問答無用の意味不明のラブコールを送ろうとしている。国家・国民のためでなく自分のための政治に気づき、早く目を覚ましていただきたいものである。