現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

議員の正義感を発奮させてくれた「県政タイムズ」

 31日 本日で平成23年度最後の日となる。この一年は何故か早く感じられた。国民不在の国会の体たらくは目に余るものがある。それらを見るにつけ、県政はどうかと思うといろいろの意味で胸が痛くなる。反省の毎日であったが立場を失った人間の身の処し方の難しさをしみじみ味わった一年でもあった。この間多くの県職員や行政に携る皆さん、そして仲間から励ましの言葉を頂き、本当に勇気づけられたことに感謝したい。これからの私の歩みこそが私の人としての真価が問われることになる。明日からの新しい年度に向かって、人間「トシミツ」の人生観の向上、人間力アップに向けて更なる精進して行こうと心に誓ったところである。

 阿部県政も今年8月で任期の前半を終わることになる。一生懸命やっている姿は県民等しく認めることだろう。しかし、スピード感はなく、何となく迫力と物足りなさを感じる。自分の考え方の希薄さと決断力の欠如が、そのまま県民に映るのではないか。それは現在の国会と同じで県民の将来にとってマイナスとなる。そこで出番は県議会となる。新しい平野議長・佐々木副議長のリードオフマンとしての手腕に期待したい。明日からは新しい人事構成に基づき、長野県民がより良い生活の糧となるための政策作りと県政運営が行われる。すべて適材適所の人事とはいえないと思うが、与えられた任を県民のために全うしていただくことを期待したい。

 今日をもって長年親しまれてきた「長野・県政タイムズ」が廃刊となるとの報告をいただいた。寂しい思いがあるが社主・発行人の中原さんには、ご主人のご逝去以来、1号も休まず地元新聞等が書きにくいことも含め、私たちに情報を提供し続け発刊されてきたことに敬意を表したい。確かに、県議会議員の立場からは「そこまで言うのか」「県議の立場も考えろよ」と思うような、辛らつ過ぎると思える記事もあったことを思い出す。しかし、それらは「県民の声なき声」を代表して言い続けてくれたからこそ、県議会も大きな過ちを免れたのかも知れない。

 会派控え室での取材や何気ない談笑の中にも、彼女のぶれない姿勢を度々垣間見させてくれたことを思い出す。そのことが、議員の正義感を発奮させ、寝ていた魂を呼び起こさせて頂き、時の理事者に質問をぶつけるきっかけになったこともある。心から感謝をすると共に、惜しみながらも拍手をもって「タイムズ」の卒業をお祝いしたい。これからもチャレンジ精神を忘れずに走り続けたいといわれる中原さん、お元気でお過ごしになられ、タイムズ記者を放れてもご交誼を頂きご指導願いたいものである。中原さんお疲れ様でした。