現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事一覧ページ

 阿部知事が公約した「子どもの権利条例」に向けて、県委員会の子ども部会がいじめや不登校をテーマに児童生徒の意見を聞いたとの報道があった。大津市のいじめ問題がクローズアップされているだけに注目したところだ。条例の意図するところは計り知れないが、本当に子どものことを考えての議論が始まったのとか疑問視せざるを得ない気がする。いじめ問題解決の根源は「教師が子どもと本気で接しあえるか。学校と教育委員会が学校であった出来事を包み隠さずオープンで公表するか。」に尽きると思うからである。

 大津市の「いじめ」についても、つい最近まで校長は「これやという原因が見当たらない」と、口角泡を飛ばしながら平気でテレビの前で記者の質問に答えていた。学校のアンケートに答えた生徒の生々しい回答が世間に発表されても知らぬ存ぜぬを貫いていた。ようやく最近になり学校も「いじめ」があったことは認めたものの、「いじめとの関係はわからない」と嘯いている。これではアンケートをとった意味もなければ効果もない。むしろ生徒の学校に対する不信感だけが積もり重なっただけだ。

 校長は自分と学校だけを考え、担当教師への資質向上教育を怠るばかりか、教師としての資質も堕落させ、子どものことは全く考えていない、典型的な自分中心のダメ校長だ。そんな学校で学ぶ生徒が哀れとしか言いようがない。確かに「いじめ」と「けんか」は判りにくい面がることは事実である。しかし、今回の場合はアンケート結果を見る限り「いじめ」であることは理解できる。いち早く対応して亡くなられた子どもの家族やPTAや生徒に、きちんとした説明と対処していればこんなに大きな問題にならず、亡くなられた生徒の死を無駄にさせることはなく、適切な自殺防止策が出来たと思う。

 こうした自分をかばい学校内の問題は隠蔽させる学校現場、教育委員会を含める教育現場の考え方を一掃させることが求められている。ここまで来れば、残念ながら警察による適切な捜査結果を待つしかないが、純真な生徒の動揺を限りなく抑え、心理的サポートをしっかり対応することが、せめての亡くなられた生徒の償いとなり、子どもたちの学校・教師・教育委員会に対す信頼感を取り戻すことにつながるのではないか。「いじめ」対策は単なる「いじめ」の行為だけなくすことだけでは解決にはならない。教師を含めた教育現場全体を根本から見直す必要があると思う。あらためて「子どもの権利条例」の行方に注目していきたい。

|

 尖閣列島を東京都が買い取ると発表してから様々な動きが出ている。急に国が買い取るとか、中国は軍事的圧力をかけてきたりしている。不思議に思うことは今までもそうであったが国の根本的な考え方と、尖閣諸島に対する対応の仕方である。日本の領土で領土問題はないというならば、また、日本人の所有している土地を国が使用料まで払ってきているのに、島に何も施さないで自由に島に行くことすらはばかってきている。中国は我が領土として威嚇的行動を常に取っている。どちらが本当の所有者なのか分からない。外交的なことは理解しかねるが、尖閣諸島の自然を保護しながらも日本の領土である証を鮮明にするべきではないか。

 北方領土も同じことが言える。日本の領土であったから返還するべきと言いながら、不定期的な会議の場で主張するだけで、ここも何の手を打っているのかは見えない。むしろロシア人による開発行為により産業経済が発展してロシア人による町がつくられている。かつて沖縄の返還の際は、沖縄には日本人が生活を営んでいた。現実を見る限り変換には大きな困難が予想されることは分かる。沖縄の場合は変換に向けた日本の関係者の波ならぬ努力はあったが、米国の開放的な政治文化も変換に寄与された面もある。北方領土はどうか。閉鎖的なロシアの政治文化は否めない現実である。

 日本の民法では、土地に対する規律は厳しいものがある。だから土地に関わる争いはあるものの法律に基づいてきちんと処理されている。身近では隣の立木の枝が他人の土地内に伸びただけでも、法に基づき対処しなければならない。そんな法律に遵守することが厳しい日本の国でありながら、尖閣諸島や北方領土は他国に我が領土であるかのような勝手な行動と言動を容認しているのはいかがなものか。

 日本において領土問題はないといわれるが、言動と行動がちぐはぐである。もしそうである(私は日本の領土であると信じている)ならば、日本の法律に基づいた対応を積極的に行使するべきであると考えるがいかがだろうか。いかなる外交的な問題が潜んで入りかは計り知れないが、我が国に領土問題はないというならば、毅然として意思表示のみならず行動を取っていただきたいものである。政局に明け暮れている国会の様でうんざりしている時に、その脇に領土問題に関わる報道がされているのを見ると一層腹立たしさを覚えるこの頃であるが、私だけだろうか。

|

 3日 この頃「フェイスブック」に情況も扱い方も分からないまま登録した。次から次へと「友達」が増え嬉しいけど正直と惑っている。佐々木県議に本屋さんに行って「facebook入門』の本を買って読めば分かると教えていただいた。早速購入し読んでいるが中々自分の思うままにならず苦しんでいる。せっかく友達になっていただいたのに、承認の連絡をいただいたのに、どのように対応してよいのか、失礼になったらいけないと思いつつ何もできないでいる。時代の情報伝達に早くなれるために努力しかないかと思うこの頃である。

タイミングの大切さ
 最近タイミングの大切さをしみじみ味わった。県議会が開会された朝の信毎の社説を読み、久しぶりに同じ思いをもった瞬間であった。早速自分の考えとともにその社説を賞賛しようと思ったが、1日・2日と経過してタイミングを逸してしまった。その朝ブログにアップすることで効果?が現われるのに、数日たっても過去の話題になってしまう。今更思いを綴る気になれないが、考えてみれば最近このようなことが多くなってきた気がする。反省しきりである。習慣と言うのか、自分の一日の生活のリズムは大切にしていかなければならないと改めて感じた。

 

|