現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

「いじめ」対策は「いじめ行為」をなくすことだけでは解決にはならない

 阿部知事が公約した「子どもの権利条例」に向けて、県委員会の子ども部会がいじめや不登校をテーマに児童生徒の意見を聞いたとの報道があった。大津市のいじめ問題がクローズアップされているだけに注目したところだ。条例の意図するところは計り知れないが、本当に子どものことを考えての議論が始まったのとか疑問視せざるを得ない気がする。いじめ問題解決の根源は「教師が子どもと本気で接しあえるか。学校と教育委員会が学校であった出来事を包み隠さずオープンで公表するか。」に尽きると思うからである。

 大津市の「いじめ」についても、つい最近まで校長は「これやという原因が見当たらない」と、口角泡を飛ばしながら平気でテレビの前で記者の質問に答えていた。学校のアンケートに答えた生徒の生々しい回答が世間に発表されても知らぬ存ぜぬを貫いていた。ようやく最近になり学校も「いじめ」があったことは認めたものの、「いじめとの関係はわからない」と嘯いている。これではアンケートをとった意味もなければ効果もない。むしろ生徒の学校に対する不信感だけが積もり重なっただけだ。

 校長は自分と学校だけを考え、担当教師への資質向上教育を怠るばかりか、教師としての資質も堕落させ、子どものことは全く考えていない、典型的な自分中心のダメ校長だ。そんな学校で学ぶ生徒が哀れとしか言いようがない。確かに「いじめ」と「けんか」は判りにくい面がることは事実である。しかし、今回の場合はアンケート結果を見る限り「いじめ」であることは理解できる。いち早く対応して亡くなられた子どもの家族やPTAや生徒に、きちんとした説明と対処していればこんなに大きな問題にならず、亡くなられた生徒の死を無駄にさせることはなく、適切な自殺防止策が出来たと思う。

 こうした自分をかばい学校内の問題は隠蔽させる学校現場、教育委員会を含める教育現場の考え方を一掃させることが求められている。ここまで来れば、残念ながら警察による適切な捜査結果を待つしかないが、純真な生徒の動揺を限りなく抑え、心理的サポートをしっかり対応することが、せめての亡くなられた生徒の償いとなり、子どもたちの学校・教師・教育委員会に対す信頼感を取り戻すことにつながるのではないか。「いじめ」対策は単なる「いじめ」の行為だけなくすことだけでは解決にはならない。教師を含めた教育現場全体を根本から見直す必要があると思う。あらためて「子どもの権利条例」の行方に注目していきたい。