現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事一覧ページ

  29日参議院の本会議で野田首相に対する問責決議が可決された。問責にいたる経緯は分からないわけでもないが、問責決議の決議案を修正されたと言われるが、あの内容で自民党が賛成に回ったことはどうしても理解に苦しむ。
決議案には3党合意による社会保障一帯改革の一環である、消費増税法案成立を批判する文言が入っているからだ。どう説明されても国民は理解されないと思う。三党合意で協力してきたことも反故にしたばかりか、既に一緒に賛成可決に加わった野党や、受けてたった野田政権民主党からも、言いたい放題の批判をされている。こうなることは、自公案の提出前から想定できたことではないか。同一国会で同一案件は一時不再議で議案審議できないことは勿論分かっていた上で提出されたと思う。それでも自公案に中小野党が賛同してくれるとでも思っていたとすれば驕りも甚だしいことだ。公明党は採決には棄権したことは理解できるが、そうであるならば自公は最初から自公案を提出するべきではなかったのではないか。

 現在の民主党に政権運営の能力がないことに国民は良くわかっている。早期に解散して国民の審判を受けるべきことも各種世論調査を見ても明らかだ。だからこそ、国民の生活・利益を考えたとき、必要法案は速やかに審議して法案の処理を行い、国民の生活を守るためにやるべきことはしっかり協力して、来るべき首相の解散を待つべきではなかったのだろうか。それでは政党政治下の野党の立場で、解散に追い込めないと言われるかも知れない。でも、もともと解散権は首相の専権事項である。何時解散しますと言ってきた首相は自民党時代でもあったのか。なりふり構わず自分たちの首を絞めるような、説明もできない問責決議案に賛成するくらいならば、自民党は国民のために冷静沈着に国会対応してくれたと思わせるような行動を取るべきであったと思う。どちらの方法も政局がらみと分かっていても、どちらが国会対応の手段として理解されただろうか。余りにも知慮が欠ける浅はかな国会対応であったと言わざるを得ない。

 自分たちこそが国の政治を全うできる政権能力のある党であるというならば、政権をとった後の国会運営も考えた国会対応をするべきではなかったのか。国民は一年交代で首相が変ることは望んでいない。良くても悪くても同一政党で長期政権を望んでいるはずだ。今回の対応の仕方によって自民党は、順当に国民から支持を得られたと思う。これで国内ばかりか国外からも日本の国会を冷めた目で見られ、それこそ国益を大きく損なうことになる。今回だけは自民党のとった国会対応は、全く国民を無視した、しかも国民から理解されない行動であったと思うのは私だけだろうか。現在の国会議員は小学生より劣る、全く国会議員としての資質に欠けていると言われても救いようがない。

 

|

 ロンドンオリンピックも日本選手の活躍で次第に盛り上がりを見せてきた。昨夜の女子サッカー予選リーグ最終試合を期待しながらテレビ観戦した。メンバーを大幅に入れ替えて南アフリカと対戦した。試合は0対0の引き分けであった。試合内容を見ないで結果だけを見る限り、格下チームとの対戦で残念だが勝ち点1点で、まあ健闘を称え決勝トーナメントに期待するか、となる。しかし、どのように良い解釈をしようと思っても試合内容は納得できない。いつものプレーをしていれば完全に複数ゴールをあげていたはずだ。

 見ていて歯がゆいと言うより勝負をしているのか疑問に思った。ゴールを目指そうとしていない。これでは大幅に選手を変えたため、控え選手だったから得点につながらなかった。その控え的選手には技術が不足して世界には通じないと思わせるような試合展開であった。素人の私が見ても予選リーグを2位の方が次からの試合に対し優利と見て、意識的に引き分けを狙っていたかのよう見えてならなかった。監督の指示であったかもしれないが「なでしこジャパン」の鋭いパスワークと、大量得点を望みながらテレビ観戦していたお茶の間応援団を大きく落胆させた試合と言ってよいだろう。

 やはり金メダルを取ってもらいたい。その作戦のための余裕のパス回しでなく適当にパス回しをし、ゴールを狙う振りをしてわざと外しているように見えてならなかった。ゴールを狙っているが中々相手に阻まれてゴールにつながらないと言う緊張感とは明らかに違っていた。そうでなくて、「なでしこ」も真剣に戦った試合結果だと言うならば、これまた複雑な思いとなる。実況しているアナウンサーと解説者のやり取りも何故か空々しく聞こえてならなかった。まあ、今回の試合は見なかったことにして、なでしこジャパンの金メダルを目指した今後の試合に期待したい。

 このブログをアップしてから、ネット情報をみたら佐々木監督がドローを指示したと報じられていた。その上で選手と応援している少年少女に謝罪をしたとも報じられてた。勝負をかけ真剣にピッチを駆け回る振りをしていた選手の気持ちを思うと何ともいえない思いである。大幅に選手を入れ替えた理由は分かったが、それにしても指示通りに「演技」をしていた選手に、ご苦労さんと言わせていただきたい。

 

|