現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

なでしこジャパンの今後の試合に期待したい

 ロンドンオリンピックも日本選手の活躍で次第に盛り上がりを見せてきた。昨夜の女子サッカー予選リーグ最終試合を期待しながらテレビ観戦した。メンバーを大幅に入れ替えて南アフリカと対戦した。試合は0対0の引き分けであった。試合内容を見ないで結果だけを見る限り、格下チームとの対戦で残念だが勝ち点1点で、まあ健闘を称え決勝トーナメントに期待するか、となる。しかし、どのように良い解釈をしようと思っても試合内容は納得できない。いつものプレーをしていれば完全に複数ゴールをあげていたはずだ。

 見ていて歯がゆいと言うより勝負をしているのか疑問に思った。ゴールを目指そうとしていない。これでは大幅に選手を変えたため、控え選手だったから得点につながらなかった。その控え的選手には技術が不足して世界には通じないと思わせるような試合展開であった。素人の私が見ても予選リーグを2位の方が次からの試合に対し優利と見て、意識的に引き分けを狙っていたかのよう見えてならなかった。監督の指示であったかもしれないが「なでしこジャパン」の鋭いパスワークと、大量得点を望みながらテレビ観戦していたお茶の間応援団を大きく落胆させた試合と言ってよいだろう。

 やはり金メダルを取ってもらいたい。その作戦のための余裕のパス回しでなく適当にパス回しをし、ゴールを狙う振りをしてわざと外しているように見えてならなかった。ゴールを狙っているが中々相手に阻まれてゴールにつながらないと言う緊張感とは明らかに違っていた。そうでなくて、「なでしこ」も真剣に戦った試合結果だと言うならば、これまた複雑な思いとなる。実況しているアナウンサーと解説者のやり取りも何故か空々しく聞こえてならなかった。まあ、今回の試合は見なかったことにして、なでしこジャパンの金メダルを目指した今後の試合に期待したい。

 このブログをアップしてから、ネット情報をみたら佐々木監督がドローを指示したと報じられていた。その上で選手と応援している少年少女に謝罪をしたとも報じられてた。勝負をかけ真剣にピッチを駆け回る振りをしていた選手の気持ちを思うと何ともいえない思いである。大幅に選手を入れ替えた理由は分かったが、それにしても指示通りに「演技」をしていた選手に、ご苦労さんと言わせていただきたい。