現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

許されない無政府状態の中国の暴徒化デモ

 17日 思わずテレビの画面から目をそらし、今見た現実を間違いであって欲しいと思った。尖閣諸島の領土問題は歴史的に見ても日本の領土であることをまず主張しておきたい。その上で、中国における反日デモ、デモそのものが中国国民の意思で行われることは否定するものではない。しかし、テレビを通じて流れる映像はデモでなく暴徒だ。国家間における個々の問題で意が異なることはあるが、意が異なるからと言って中国内で中国の経済生活に貢献している日本企業に、デモで破壊活動することは断じて許されるものではない。

 中国政府関係者はデモ隊に冷静に行動を取るようにと訴えているものの、日本大使館に石やペットボトルを投げ込んでいるのを、数千人の警察官がただ眺めているだけだ。日本では即刻器物損壊等で現行犯逮捕となる。まして、日本人が経営する商店やデパート、ホテルや飲食店、日本車や工場、すべてを破壊し放火までしているのに中国政府や治安関係者は見てみぬ振りをしている。これが世界2位となる経済大国の責任ある治安情況なのである。まさに無政府状態だ。全く怒りを通り越す心境である。被害を受けた日本企業にどのような弁償を考えてくれるのか。

 私が小さな怒りを延々とぶちまけても解決には至らないが、中東の紛争ですら止められない国連を始め国際社会も、この類の解決は両国間の理性ある平和的な解決をと言うだけで、これも全く当てにならない。日本国領土であるものの、東京都が個人所有者から買い取りの動きに対し、外交努力やタイミングを考えず国営化を急いだ日本の政府も反省しなければならない。いずれにしても政府は暴徒化した破壊・略奪・放火などのデモは早急にやめさせる努力をしなければならない。これ以上続けば冷静に理性を保っている日本国民も一部で不穏な動きも出るかもしれない。その前に普通で当たり前の理性を持つ国とは思えない中国ではあるが、日本政府は全閣僚が英知を結集させて収拾に努めて頂きたいものである。