現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

大丈夫か、大阪市長と維新の会代表の橋本氏

 15日 お昼のテレビのトップで橋本徹大阪市長が日本維新の会代表として国会に出向き各党の代表へあいさつ回りを行ったと報じた。今日一日だけのことであれば、それでも政治を変えるために頑張っているなと評価できる。しかし、週末からは全国遊説を開始するとの事である。「大阪市長だよな」と思わずつぶやいてしまった。私の町は人口12000人ぐらいであるが、町長は町長としての公務のため休日の休みもほとんど返上して活動されている。夜もプライベートの時間をつくるが難しいくらいである。人口260万人超の大阪市の市長が、行き着くところは市民のためと言いながらもこれでよいのだろうか。

 私は正直「大阪市民をなめている。愚弄している。」と言いたい。国政を変えることによって、大阪都構想の実現が図られ、大阪市民のための地方分権が実現できるとの論理は分からないわけでもない。現職の市長が本当に政党の党首となり本部を大阪に置き、大阪市政と政党党首の二束のわらじを履きこなすことができるだろうか。できるとすればかなり大阪市を犠牲にしなければならないことになると思う。大阪市民は何のために市長に選んだのだろうか。何故このような行動に黙っているのだろうか。今週末は大阪に行くのでそのあたりを市民の皆さんに聞いてみようと思う。

 かつての長野県知事田中康夫氏が大阪のラジオ局に出演のため度々出張していた。そのために無理に仕事を重ね合わせていた向きがあったが、公務と個人との関係が問題にされた。しかも出張旅費を県から支給を受けながら、ラジオ局からも旅費経費を含むギャラを得ていた。このことですら大きな非難をされていたことはご記憶の通りである。それが、国政の政党党首となれば頭首としての責任ある行動調整は、私たちには想像も付かないくらい激務であると思う。県会議員も多忙を極めるが首長はもっとハードである。大阪市としての目に見えるムダな経費以上に、市民は大きな損失を被ることになると思う。マスコミはこのあたりも「本当の市民のための市政のあり方、首長のあるべき姿」を国民に分かりやすく報道するべきだと思う。

 いずれは国民の皆さんも分かるときが来ると思うが、現実は時が止まってくれたり、遅れた市政修正のためにタイムスリップしてくれない。昨日も元宮家の竹田恒泰氏の講演を聞く機会があったが、竹田氏の理論がすべて正しいと言わないが、少なくとも今の若者の思考は歴史認識から日本を見つめていないことは同じ思いである。だからこそ、マスコミの取り扱い方によっては日本の危機につながりかねない問題である。皆さんはどう思うだろうか。