現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

大阪府議会議員の本来の仕事はどうなっている

 21日 箕輪町の清水洋さんのブログ「清水洋ある日あるところで11月19日『この方々良いのだろうか?』で松井大阪府知事・橋本大阪市長・河村名古屋市長の国政に対する行動等について、私の以前に掲載したブログでの考え方もご紹介いただきながら現況に疑問を投げかえられていた。全くそのとおりだと思う。このことについては以前にも考えを述べたので重複は避けるが、最近、更に大阪府議会議員の皆さんに対しても、清水さんのことばをお借りすれば「この方々良いのだろうか?」と思うことが多い。

 私どもも県議時代に国政選挙や知事選挙また市町村首長選挙など、選対に入り選挙活動をしてきたことがある。しかし所詮県内でもあり自分の選挙区内での限られた活動であった。それが大阪府議会議員の皆さんはすべてではないと思うが、他県の広域ブロック長として候補者擁立など責任ある職責を持った活動をしている。これからも総選挙となれば大阪府の府議会議員としての仕事は放棄したにも等しい情況となる。県会議員としても、やるべきこと、やらなければならないことなど時間が足りないほどあるはずだ。少なくとも我々は地元の催事と政務調査活動等で体が二つ欲しいと感じていたくらいである。どんなに忙しくも、活動していることは長野県のため、地元地域のための活動であった。

 それが大阪府の府議会議員でありながら、国政選挙に個人的に支援活動を府内で活動するならまだしも、新しく立ち上げた政党の立ち上げからブロック長として他県の立候補予定者との面談など、それらに要するエネルギーは並大抵のものではないと思う。しかも立候補者決定の後はその支援活動と選挙応援と本来の大阪府議会議員としての仕事はできないと思う。それが知事共々である。しかも報道によれば大阪市議会は橋元市長が総選挙の日本維新の会立候補者の応援のため、会期を早めたとか短縮したとか、これも大阪市のための行動ではない。どうなってしまっているのだろうか。

 大阪府・大阪市の府知事・府議会・市長・市議会など、これら一連の行動にマスコミも英雄並みの扱いこそしても、本来の職務遂行について疑問を投げかけていない。先月大阪でほんの一部の市民であったが尋ねても疑問視した答えはなかった。逆にこのことが結果的に地方の政治ばかりでなく、国政もゆがんだ方向に進んだとしても「当たり前」の姿と捉えられていくことが不安である。ここでもマスコミは小さなことかもしれないが、大きな不安材料となるこれらの活動にメスをいれ、大阪府民や国民が正しい判断ができる報道をしていただきたいと願うばかりである。