現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

国会・格調高い論戦を期待したい

 31日 政権交代後の安倍内閣最初の国会論戦が始まった。与野党を問わず国民の利益を考えた論戦を期待したいものである。野党側も決して政府側のあら捜しでなく、政府が提出した予算案に対し厳しく質していただきたい。質問された安倍首相をはじめ各大臣も、国民に分かりやすいように、丁寧に答えていただきたいと思う。与党議員も予算を与党として審議をしてきたから質問がしにくいとして中途半端に質問して欲しくない。与党であっても地元に戻り、国民に説明しなければならない責任もあるだけに、国民に理解してもらうためにも、しっかり政府の考えを引き出させるべきである。

 かつて私は町会議員の時町長室で懇談していた折、時のT町長に「敏光君、余り厳しい質問はしないでくれ」と言われたことがある。私は「町長、私は町長を熱心に支援してきました。当選させた責任ある町民の一人です。町長に間違った町政運営をしてもらいたくないのです。町民のための良い町長になっていただきたい。だから、厳しい質問もするのです。」と一気に喋り捲ってしまったことを今でも鮮明に覚えている。48歳のときであった。でも、未だにその考え方は間違っていないと思っている。

 その当時のT町長はその後も私の質問に対して理解を示し丁寧に答えてくれたことに感謝している。T町長が勇退しS町長が誕生した際も同様なことを言ったつもりであるが、そのS町長は非難されていると思ったのか、ことごとく露骨に反論しながらの答弁を繰り返していた。質問と答弁はかみ合うはずがないまま任期を終えた苦い経験もある。トップとしての技量は決して町長と議員だけの問題では済まされない。そのかみ合わない議論の末は町長としての資質を問われることにつながるばかりか、町政の遅れと町民の様々な生活や仕事にマイナスになることを忘れてはならない。勿論町長ばかりを責められない、議員として質問した私の方にも質問の仕方に工夫があったことは否めないことと自戒している。

 私のつたない経験話をしてしまったが、国会も県会も末端の市町村議会も、首長と議会との関係は常に適度な距離を置きながら、分かっているから質問しないということでなく(議員だから議案内容は当然分かっていると思うが)、少しの疑問・不安等は住民にしてみれば数十倍となるだけに質してほしいと思う。今や正に人口減少、経済・財政、東北の復興、安定した国際関係など、待ったなしの課題は山積している。今国会では政局絡みの論戦でなく国民のため未来の日本国のための格調高い政策論戦を期待したいものである。